研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[卵内でマイクロ波ばく露を受けたニホンウズラの出血時の血漿コルチコステロン] med./bio.

Plasma corticosterone in hemorrhaged Japanese quail after microwave irradiation in ovo.

掲載誌: Comp Biochem Physiol A Comp Physiol 1988; 89 (3): 415-424

この研究は、2つの実験で構成されている。第1実験は、性的に未熟なオスとメスのニホンウズラを、雌雄別にそれぞれ、3つの処置群に分けた;1) 頸静脈穿刺による出血処置群、2) 2分間の固定、だたし出血処置はなし(擬似処置群)、3) 固定出血処置もなし(対照群)。実験の結果、出血処置群で、雌雄とも、血漿中のコルチコステロン濃度が上昇した;擬似ばく露群のコルチコステロン濃度は対照群より高かった、と報告している。第2実験は、孵卵中のニホンウズラの卵に2.45 GHzの連続波マイクロ波ばく露した。無ばく露群を対照とした。孵化後、雌雄のヒナを出血処置した。実験の結果、出血処置後のオスでは、ばく露群の方が対照群より、血漿中のコルチコステロン濃度が高かった;メスでは、ばく露の影響は見られなかった、と報告している。これら2つの実験を総合すると、オスのウズラは失血反応として副腎皮質の活性増加が見られたこと、この反応が胚形成中のマイクロ波ばく露後のオスのウズラでは変化したことが示された、と結論している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To investigate the corticosterone response of Japanese quail to an acute hemorrhagic stress (i.e. jugular vein puncture) after a low level 2450 MHZ microwave exposure during the first 12 days of embryogeny (i.e. in ovo).

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 2.45 GHz
Modulation type: CW
ばく露時間: first 12 days of development

ばく露1

主たる特性
周波数 2.45 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
特性
  • far field
ばく露時間 first 12 days of development
Modulation
Modulation type CW
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
チャンバの詳細 environmental chamber lined with microwave absorber (-45 dB)
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 4.03 mW/g - 計算値 - in the center of the egg
電力密度 5 mW/cm² - - - -

Reference articles

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした臓器系:
  • blood samples
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

Two different experiments were carried out.
First: unexposed adult male and female Japanese quail were studied. Hemorrhage resulted in increased plasma corticosteron levels in both sex. The corticosteron level in shams were higher than in controls. The values for total erythrocyte numbers, hematocrit volumes, and mean cell volumes were decreased in response to hemorrhage.
Second: eggs were exposed, after hatching, juvenile males and females were hemorrhaged. Males showed an increased corticosterone level, no effects on females were found.

研究の種別:

研究助成