研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[正常および心筋虚血のネコの心臓機能に対するマイクロ波の急性照射の影響] med./bio.

Influence of acute microwave radiation on cardiac function in normal and myocardial ischemic cats.

掲載誌: J Appl Physiol 1981; 50 (5): 931-935

この研究は、心筋虚血が有る状態および無い状態のネコの心臓に、マイクロ波(2.45 GHz、連続波)の直接照射を行い、心臓機能への影響を調べた。心筋虚血は、左前下行冠状動脈の閉塞により誘発された。心筋虚血化処理無しの場合、マイクロ波照射群および無照射群において、冠状動脈は孤立があったが閉塞はしていなかった。照射群(SARは30 mW/g)および無照射群の心臓は5時間、モニターされた。結果として、SARが30 mW / gの場合、ばく露された組織の温度は、ネコ死体では、初期速度0.43℃/分で上昇したが、生きているネコでは、ばく露中に大動脈血の温度上昇は起きなかった;平均動脈血圧心拍出量心拍数血漿および心筋クレアチンホスホキナーゼ、ならびに心電図のS-Tセグメントは、心筋虚血の有無にかかわらず、心筋への5時間のマイクロ波照射の影響を受けなかった、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To examine the influence of direct microwave irradiation of the intact exposed heart on cardiac function in cats with and without myocardial ischemia.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 2.45 GHz
Modulation type: CW
ばく露時間: continuous for 5 h
  • SAR: 30 mW/g (heart)

ばく露1

主たる特性
周波数 2.45 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 continuous for 5 h
Modulation
Modulation type CW
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • dielectrically loaded waveguide
Distance between exposed object and exposure source 0.02 m
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 30 mW/g - 計算値 partial body heart

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露中

研究の主なアウトカム(著者による)

At a SAR of 30 mW/g, the temperature of the exposed tissue increased at an initial rate of 0.43°C/min in dead animals. However, in live cats, no increases in aortic blood temperatures occurred during exposure. Mean arterial blood pressure, cardiac output, heart rate, plasma and myocardial creatine phosphokinase, and S-T segment were not influenced by 5 h of microwave exposure of the myocardium in cats with or without myocardial ischemia.

研究の種別:

研究助成