研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[ウサギとブタの中枢神経系に対するマイクロ波照射の組織学的および組織化学的影響] med./bio.

Histological and histochemical effect of microwave irradiation on the central nervous system of rabbits and guinea pigs.

掲載誌: Am J Phys Med 1972; 51 (4): 182-191
Journal partially peer-reviewed/unclear

この研究は、非熱的ドース(体温上昇を引き起こさない電力密度)のマイクロ波への長期の反復的ばく露が、ばく露を受けた動物中枢神経系(CNS)に組織学的または組織化学的変化を引き起こすか否かを調べた。ばく露群(モルモット180匹、ウサギ30匹)に、無響室内で10 cm波バンドマイクロ波ばく露を与えた。モルモット30匹、ウサギ20匹を対照群とした。ばく露群のモルモットを6群に分け、そのうちの2群には、3ヶ月間、1日3時間、電力密度3.5 mW/ cm2のばく露を、1つは連続波で、もう1つはパルス波で与えた。残りの4群は、3時間の単回ばく露(25 mW/ cm2の連続波、3.5 mW/ cm2の連続波、25 mW/ cm2のパルス波、3.5 mW/ cm2のパルス波)を与えた。ばく露群のウサギを2群に分け、3ヶ月間、1日3時間、電力密度5 mW/ cm2のばく露を、1つは連続波で、もう1つはパルス波で与えた。その結果、非熱的ドースのマイクロ波への長期の反復的ばく露は、ミエリン鞘およびグリア細胞における代謝障害を示唆する形態学的病変(脳と小脳白質での独特の異染性球小体出現で表される)の発生をもたらすかもしれないことが示された;グリア細胞の増殖反応も見られた;組織化学的調製物の生化学的測定および評価で、ばく露群におけるアセチルコリンエステラーゼ活性およびコハク酸デヒドロゲナーゼ活性の低下が示された;このような影響は、連続波よりパルス波ばく露後により顕著であった、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To verify whether prolonged repeated exposure to microwaves at such power densities which do not cause a rise in temperature may cause histologic or histochemical changes in the CNS of exposed animals.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 3 GHz
Modulation type: CW
ばく露時間: continuous for 3 h
ばく露2: 3 GHz
Modulation type: pulsed
ばく露時間: continuous for 3 h
ばく露3: 3 GHz
Modulation type: CW
ばく露時間: repeated daily exposure, 3 h/day, for 3 months
ばく露4: 3 GHz
Modulation type: pulsed
ばく露時間: repeated daily exposure, 3 h/day, for 3 months

General information

Animals were irradiated with microwaves in the 10 cm wave band - no frequency indicated!

ばく露1

主たる特性
周波数 3 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 continuous for 3 h
Modulation
Modulation type CW
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 25 mW/cm² - - - -
電力密度 3.5 mW/cm² - - - -

ばく露2

主たる特性
周波数 3 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 continuous for 3 h
Modulation
Modulation type pulsed
Repetition frequency 400 Hz
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • E1と同じ装置
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 25 mW/cm² - - - -
電力密度 3.5 mW/cm² - - - -

ばく露3

主たる特性
周波数 3 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 repeated daily exposure, 3 h/day, for 3 months
Modulation
Modulation type CW
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • E1と同じ装置
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 3.5 mW/cm² - - - -
電力密度 5 mW/cm² - - - rabbits

ばく露4

主たる特性
周波数 3 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 repeated daily exposure, 3 h/day, for 3 months
Modulation
Modulation type pulsed
Repetition frequency 400 Hz
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • E1と同じ装置
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 3.5 mW/cm² - - - -
電力密度 5 mW/cm² - - - rabbits

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

The data indicate that chronic repeated exposure to microwaves, at power densities which do not cause temperature rises, may lead to the appearance of morphologic lesions indicative of metabolic disturbances in myelin sheaths and glial cells as expressed by the appearance of peculiar metachromatic spherical bodies in the white matter of the brain and cerebellum. A proliferative reaction of glial cells was also encountered. Biochemical determinations and evaluation of histochemical preparations demonstrate that following chronic exposure to microwaves acetylcholinesterase activity and succinic acid dehydrogenase activity decrease. This effect is more marked following pulsed wave exposure, which evokes more profound biologic effects than exposure to continuous microwaves (CW).

研究の種別:

研究助成