研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[静磁界によるヒトのEEGパワー強度の増加] med./bio.

Static magnetic fields increase the power intensity of EEG of man.

掲載誌: Brain Res 1989; 483 (1): 201-203

静磁界においてEEGのパワーが上昇した。この影響は2つの皮層大脳によって異なり、全EEG周波数で同じではない。脳機能は静磁界誘導されて変化する。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To assess possible hazardous effects in man from strong magnetic fields used clinically in diagnostic NMR-equipment.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1:
  • DC/static

ばく露1

主たる特性
周波数
  • DC/static
タイプ
  • magnetic field
Additional information Static magnetic field.
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • resistive whole body magnet used in NMR equipment.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 200 mT maximum 測定値 - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露中

研究の主なアウトカム(著者による)

In static magnetic fields the power values of EEG are increased. The influence is different in the two cortical hemispheres and not the same for all EEG-frequencies. The increased control values following an inverted magnetic flux vector have a higher energy than the control before and point to a - reversible - change of brain function induced by a static magnetic field.

研究の種別:

研究助成

関連論文