研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[変調した高周波電磁界によるマクロファージNADPH オキシダーゼの電気刺激] med./bio.

Electrostimulation of macrophage NADPH oxidase by modulated high-frequency electromagnetic fields.

掲載誌: Bioelectrochem Bioenerg 1995; 38 (2): 415-418

この研究は、弱い低周波変調高周波電磁界ばく露により、マクロファージNADPHオキシダーゼを活性化させる可能性を試験した。実験には、治療用装置(機種名Megawave150/1)の振幅変調された150 MHz正弦波を用いた。試料の細胞を入れたフラスコを、コイルの中心(最大磁束密度0.03 μT:送信電力2.05 mWの時)においてばく露を行なった。変調周波数は、15、30、50、99 Hzを事前に試し、最大効果が得られた50 Hzで実験したと述べている。著者は、このばく露を「電気刺激:electrostimulation」と呼んでいる。電気刺激によるNADPHオキシダーゼの活性化は、p−ニトロテトラゾリウムブルー(NBT)の還元(4個のH原子の付加)により生じるジホルマザンの分光光度測定によって測定した。その結果、極端に低い磁束密度にもかかわらず、いくつかのポジティブな電気刺激現象が確認された、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To investigate the possible activation of macrophage NADPH oxidase by electrostimulation.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 150 MHz
Modulation type: AM
ばく露時間: up to 60 min

ばく露1

主たる特性
周波数 150 MHz
タイプ
  • magnetic field
ばく露時間 up to 60 min
Modulation
Modulation type AM
Modulation frequency 15–99 Hz
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • special designed coil, 17cm diameter; 15cm high
ばく露装置の詳細 sample in a flask (20 mm diameter) was placed in the center of the coil
Additional information Control sample was placed outside the coil.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 32.2 nT - - - 2.05 mW

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

The NADPH oxidase could be activated by electrostimulation. This activation is non-linear time dependent, which must be assumed that this finding is caused by the inhibiton of the enzym by prolongated irradiation. Ca2+ in the media is promoting the enzyme activating process.

研究の種別:

研究助成