研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[血液脳関門に対するマイクロ波の可逆的な影響] med./bio.

Reversible microwave effects on the blood-brain barrier.

掲載誌: Brain Res 1981; 230 (1-2): 153-164

この研究は、チャイニーズハムスターへの低レベルマイクロ波ばく露が、西洋ワサビペルオキシダーゼHRP)に対する血液脳関門BBB)の可逆的透過性をもたらした、と報告している。 病変は、ばく露直後は脳のランダムな部位に肉眼で観察されたが、1時間の回復期間後には正常とは違う程度になり、2時間の回復期間後には観察されなくなったという。 透過性増加の経路については、反応生成物の内皮細胞密着結合通過が観察されなかったので、内皮細胞の小胞輸送経由とみられると議論している。また、内皮細胞でのHRP溢出と血小板凝集、さらには血管周囲浮腫が実験動物においてのみ観察されたと述べている。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

Investigation of effect of low power density microwaves on blood-brain barrier of hamsters.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 2.45 GHz
Modulation type: CW
ばく露時間: continuous for 2 h
  • 電力密度: 100 W/m² unspecified
  • SAR: 2.5 mW/g unspecified (unspecified)

ばく露1

主たる特性
周波数 2.45 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
特性
  • far field
偏波
  • unspecified
ばく露時間 continuous for 2 h
Modulation
Modulation type CW
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • 詳細不明
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 100 W/m² unspecified 指定なし - -
SAR 2.5 mW/g unspecified 計算値 unspecified -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

Low level microwave exposure resulted in reversible permeability of the blood-brain barrier to horseradish peroxidase. The lesions were not confined to any particular brain region.

研究の種別:

研究助成