研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[パルスマイクロ波ばく露後のラットの86Rbへの脳血管透過性] med./bio.

Cerebrovascular permeability to 86Rb in the rat after exposure to pulsed microwaves.

掲載誌: Bioelectromagnetics 1984; 5 (3): 323-330

この研究は、平均電力密度3W / cm 2のマイクロ波パルス化、2,450MHz)をラットの頭部に5、10、20分間ばく露した場合における脳での86Rbの取り込みについて調べた。ばく露により生じたSARピーク値は240W / kgであり、脳の温度は、ばく露から10分後において43℃を超えていた。86Rbの等張食塩水を静脈内に大量注入し、動脈血サンプルを20秒間収集して、心拍出量を決定した。実験の結果、86Rbの取り込みは、無ばく露対照群との比較において、マイクロ波ばく露に直接関連した領域(すなわち後頭および頭頂皮質、ならびに背側の海馬中脳および基底核)において最も増加した;別の動物群で、脳温度の上昇につれて、脳と血管の局所的スペースが増加することが見いだされた;これらの知見から、信頼性高く実証された血液脳関門透過性の増加現象は、高強度のマイクロ波誘発による高体温症(ハイパサーミア)とともに生じており、観察された変化は電磁界特異的な相互作用によるものではないことが示唆された、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

Investigation of the effect of high levels of localized microwave irradiation on permeability of blood-brain barrier in rats.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 2.45 GHz
Modulation type: pulsed
ばく露時間: continuous for 5, 10 or 20 min

ばく露1

主たる特性
周波数 2.45 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 continuous for 5, 10 or 20 min
Modulation
Modulation type pulsed
Pulse width 10 µs
Repetition frequency 500 Hz
Additional information

rectangular pulses

ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • dielectrically loaded coaxial applicator (Elmed-15, Addison, IL) , aperture 14 mm diameter.
ばく露装置の詳細 The applicator was in direct contact with the left side of head. Controls were performed in an identical manner for 20 mins but without EMF.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 5 W/cm² mean 測定値 - 240 W/kg peak SAR in the brain

Reference articles

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露中
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

Pulsed 2450 MHz microwaves caused increased permeability of the blood-brain barrier in various brain regions, accompanied by increased brain temperature, cardiac output, blood PaO2, PaCO2, and pH in rats.

研究の種別:

研究助成