研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[2450 MHzマイクロ波照射後のラットにおける血液脳関門のマンニトール透過性] med./bio.

Permeability of the blood-brain barrier to mannitol in the rat following 2450 MHz microwave irradiation.

掲載誌: Brain Res 1979; 174 (1): 109-117

この研究は、Oldendorfのラジオトレーサ法を用いて、2450MHzの連続波(CW)マイクロ波エネルギーが、通常は脳への侵入を排除される[14C]マンニトールに対する血液脳関門透過性を増加させるか否かを調べた。麻酔した成獣ラットは、無響室のQuiet Zoneにて30分間、単独で、平均電力密度0.1〜30mW / sq.cmのばく露を受けた。その後、各ラットに、[14 C]マンニトール/ [3 H]水溶液の頚動脈内への大量注入を与え、その15秒後に断頭処置した。高透過性基準物質である[3H]水に比較した[14C]マンニトールの取り込みを表す脳摂取指数(BUI)を4つの脳領域について算出した。その結果、マイクロ波照射したラットの脳組織平均BUI値は、擬似照射した動物のものと有意差がなかった:血液脳関門透過性に対するマイクロ波の影響は明白ではなかった、と報告している。また、この研究では、処置とは無関係に、小脳および髄質のBUI値は、皮質または間脳の値よりもはるかに高く、変動も大きく、[3H]水の吸収または保持の低下と関連することが示された。頚動脈注射された放射性トレーサーの分布は椎骨動脈血液供給の影響を受けるため、尾側脳領域におけるBUI測定は、その領域の放射性同位元素濃度に関するデータを伴わない限り、信頼性が低いであろう。以前のBUI研究では、このようなデータがないため、マイクロ波が原因と思われた小脳および髄質のBUIの増加を[14 C]サッカライドの血液脳関門透過性の差と解釈したのは間違いであり、実際には血流および[3H]水の流入流出に原因があった可能性がある、と述べている。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To determine if 2450 MHz continuous wave microwave energy increases blood-brain barrier permeability to [14C] mannitol .

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 2.45 GHz
Modulation type: CW
ばく露時間: repeated daily exposure, 30 min/day for 8 days
ばく露2: 2.45 GHz
Modulation type: CW
ばく露時間: repeated daily exposure, 30 min/day for 6 days

ばく露1

主たる特性
周波数 2.45 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
波形
  • sinusoidal
偏波
  • linear
ばく露時間 repeated daily exposure, 30 min/day for 8 days
Additional information vertiacally polarized electromagnetic field
Modulation
Modulation type CW
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
Distance between exposed object and exposure source 5 m
チャンバの詳細 anechoic chamber/8 m x 3 m x 3 m
ばく露装置の詳細 rat anesthetized with 60 mg/kg sodium pentobarbital was placed alone in prone position on a formed polyethylene support in the quiet zone of the chamber, facing the antenna.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 1 W/m² mean 測定値 - 0.5 mW/cm², 1 mW/cm², 5 mW/cm² and 10 mW/cm²

ばく露2

主たる特性
周波数 2.45 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
偏波
  • linear
ばく露時間 repeated daily exposure, 30 min/day for 6 days
Additional information horizontally polarized electromagnetic field
Modulation
Modulation type CW
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
Distance between exposed object and exposure source 5 m
チャンバの詳細 anechoic chamber/8 m x 3 m x 3 m, support array of acrylic and foamed polyethylen sheet
ばく露装置の詳細 window of animal cage, facing the horn antenna
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 3 W/m² mean 測定値 - 1 mW/cm², 3 mW/cm², 10 mW/cm² and 30 mW/cm²

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

Mean brain uptake index values for tissues from microwave-irradiated rats did not differ significantly from sham-irradiated animals, and a microwave influence on blood-brain barrier permeability was not evident.

研究の種別:

研究助成