研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[2.450 MHzマイクロ波にばく露したラットにおける脳血管のしょ糖透過性] med./bio.

Cerebrovascular permeability to sucrose in the rat exposed to 2,450-MHz microwaves.

掲載誌: J Appl Physiol 1980; 49 (2): 218-223

この研究は、2,450MHzの連続波(CW)マイクロ波エネルギーが血液脳関門のスクロース透過性を増加させるか否かを、放射性トレーサー法を用いて調べた。放射性トレーサー法では、麻酔処置されたラットに[14 C]スクロースを静脈注射し、動脈血サンプルを25分間採取し、その後各ラットを断頭して脳を摘出した。液体シンチレーションカウンターを用いて、25分間の平均血漿レベルに対する脳実質に入ったスクロース量を決定し、脳血管透過性×面積(PA)を計算した。電波暗室でラットに、1または10 mW / cm 2の入射電力密度で30分間のマイクロ波全身ばく露を与えた後、放射性トレーサー手順を実施した。また、アプリケータを用いて、0.08、0.3、1.6 W/kgで25分間の頭部局所ばく露中のラットに、ばく露と同時に放射性トレーサー手順を実施した(この場合、スクロースはマイクロ波ばく露中の血液循環に存在した)。その結果、すべてのマイクロ波処置群の脳領域の平均PA(範囲:10.32から13.70 x 106 s-l)は、擬似ばく露群の平均値(範囲:11.99から14.47 x 106 s-l)を上回って有意に上昇することはなかった;血液脳関門がアラビノースで浸透圧的に開かれた場合、最大248.6 x 106 s-lのPA値が生じた、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To determine if 2450 MHz continuous-wave (CW) microwave energy increases permeability of the blood-brain barrier to sucrose.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 2.45 GHz
Modulation type: CW
ばく露時間: continuous for 30 min
  • 電力密度: 100 W/m² unspecified (at the midpoint of the chamber)
  • 電力密度: 10 W/m² unspecified (at 0.58 m lateral to the boresight)
ばく露2: 2.45 GHz
Modulation type: CW
ばく露時間: continuous; 25 min
  • SAR: 300 µW/g unspecified (partial body) (in the head)
  • SAR: 1.6 mW/g unspecified (partial body) (in the head)
  • SAR: 80 µW/g unspecified (partial body) (in the head)

ばく露1

主たる特性
周波数 2.45 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
波形
  • sinusoidal
特性
  • far field
偏波
  • linear
ばく露時間 continuous for 30 min
Modulation
Modulation type CW
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
Distance between exposed object and exposure source 5 m
チャンバの詳細 tapered anechoic chamber 8 x 3 x 3 m
ばく露装置の詳細 Anesthetized rat were placed prone on a support of foamed polysterene and acrylic sheet in the chamber quiet zone with nose toward antenna
Additional information Wave propagation was parallel to the floor of the chamber.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 100 W/m² unspecified 測定値 - at the midpoint of the chamber
電力密度 10 W/m² unspecified 測定値 - at 0.58 m lateral to the boresight

ばく露2

主たる特性
周波数 2.45 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
波形
  • sinusoidal
特性
  • guided field
偏波
  • linear
ばく露時間 continuous; 25 min
Modulation
Modulation type CW
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • J-band waveguide applicator
Distance between exposed object and exposure source 5 m
チャンバの詳細 waveguide 11 x 3.5 x 1.6 cm with dielectricum, TE10 mode
ばく露装置の詳細 Anesthetized rats laying prone on a block of microwave absorber with the head mounted in a stereotaxic frame. Aperture was situated 1-3 mm above the skull surface of the rat
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 300 µW/g unspecified 測定値および計算値 partial body in the head
SAR 1.6 mW/g unspecified 測定値および計算値 partial body in the head
SAR 80 µW/g unspecified 測定値および計算値 partial body in the head

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露中
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

Mean permeability-area (PA) product for brain regions from all microwave-treatment groups were not significantly elevated above mean values from sham-exposed rats.

研究の種別:

研究助成