研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[2.45 GHzマイクロ波照射中のリスザルのオペラント行動および直腸温] med./bio.

Operant behavior and rectal temperature of squirrel monkeys during 2.45-GHz microwave irradiation.

掲載誌: Radio Sci 1979; 14 (6) Suppl: 217-225

この研究は、リスザル(Saimiri sciureus)を訓練してオペラント反応(食物ペレットで強化した2レバー観察反応(ランプの点灯した方のレバーを押す)タスクでの反応)の安定を確認した後、マイクロ波ばく露を与え、行動テストへの影響を調べた。マイクロ波ばく露は、2.45 GHz(120 Hz正弦波変調変調率100 %)の遠方界ばく露で、平均入射電力密度は10 - 75 mW/ cm2 の範囲で変化させた。ばく露時間は30分間または60分間とした。サルは発泡スチロール製の椅子に拘束されて、マイクロ波無響室内でばく露を受けた。その結果、50 mW/ cm2 以上の電力密度でのばく露は、ばく露時間30分または60分のどちらでも、観察反応タスクに対するサルの反応を混乱させた;この混乱は、電力密度が増すにつれてますます明白になった;どちらのばく露時間においても、直腸温が1℃を超えるまでは、反応に一貫した混乱は起きなかった;直腸温度は電力密度の単調関数であり、10 mW/ cm2において、わずかであるが確実に上昇し、40 – 50 mW/ cm2においては著しく上昇した、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(acc. to editor)

To study operant behavior and rectal temperature of squirrel monkeys during 2.45 GHz microwave exposure. Sham-exposure sessions always occured before and after each series of irradiation sessions.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 2.45 GHz
Modulation type: AM
ばく露時間: 30 min or 60 min

ばく露1

主たる特性
周波数 2.45 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
波形
  • sinusoidal
特性
  • far field
ばく露時間 30 min or 60 min
Modulation
Modulation type AM
Modulation frequency 120 Hz
Modulation depth 100 %
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
Distance between exposed object and exposure source 1.334 m
チャンバの詳細 microwave anechoic chamber
ばく露装置の詳細 styrofoam chair to restrain animal
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 100 W/m² minimum 測定値 - -
電力密度 202.3 W/m² mean 測定値 - at head
電力密度 750 W/m² maximum 測定値 - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露中

研究の主なアウトカム(著者による)

The behavior of the animals on the observing-response task was disrupted during 30- or 60-minute exposures but only at power densities that were 50 mW/cm² or higher. This disruption was increasingly evident as power density increased. Under both durations of irradiation (30 and 60 minutes), behavior was not consistently perturbed until rectal temperatures increased more than 1°C. Rectal temperature was slightly increased at 10 mW/cm², was a monotonic function of the power density, and was markedly elevated at power densities between 40 an 50 mW/cm².

研究の種別:

研究助成