研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[マイクロ波照射で誘導されたオペラント行動に対する向精神薬の影響] med./bio.

The effect of psychoactive drugs on operant behavior induced by microwave radiation.

掲載誌: Radio Sci 1979; 14 (6) Suppl: 233-238

この研究は、5匹のオスのCF1マウスに、オペラント条件づけによって2.45-GHz CWマイクロ波放射から逃避するか回避(事前に避ける)する訓練を行なった後、各種薬剤が確立したオペラント行動に与える影響を評価した。オペラント行動は、条件付けチャンバーを横切る光線を動物が遮る行動である。マイクロ波がオンの時にオペラント行動した場合、マイクロ波は停止され、12秒間オフとした(逃避反応)。マイクロ波がオフの時にオペラント行動した場合、それは回避反応と捉えられ、さらに12秒間マイクロ波の発生を遅らせるようにタイマーはリセットされた(回避反応)。マイクロ波照射と対で、2900 Hzの音刺激を弁別刺激(キュー)として与えた。平均SARは約45 mW/ gであったが、照射期間はマウスの逃避、回避行動によって変化させた。安定したベースラインの反応が確立されたマウスに、様々な投与量で3つの精神活性化薬剤を投与し、その後に、行動テストを行なった。その結果、クロルジアゼポキシドは、回避反応の割合低下と逃避反応の割合上昇を併せて生じさせた;この薬剤を投与した時点で、動物マイクロ波への累積ばく露は相当程度増加していたことも注目された;クロルプロマジンおよびd-アンフェタミンに関するデータは、動物内および動物間で大きく変動した、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To study the effects of psychoactive drugs on microwave-induced operant behavior in the mouse.

詳細情報

Mice were trained to escape from or to avoid 2.45 GHz continuous wave (CW) microwave exposure by emitting an operant response (the response consisted of an animal's interruption of a light beam). If a mouse responded while microwaves were on, irradiation was terminated and remained off for 12 seconds (an escape response). If a mouse responded during the off period, each response (constituting avoidance) would reset a timer that delayed the onset of microwaves for another 12 seconds. During the experimental session a 2900 Hz tone was paired with the microwave exposure. Each animal was tested following administration of each of three psychoactive compounds at varying dosages: chlordiazepoxide, d-amphetamine, and chlorpromazine.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 2.45 GHz
Modulation type: CW
ばく露時間: dependant on subject's escape-avoidance behaviour (12-s timer); 30 min sessions/day
  • 電力: 2.7 W
  • SAR: 45 W/kg average over time

ばく露1

主たる特性
周波数 2.45 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 dependant on subject's escape-avoidance behaviour (12-s timer); 30 min sessions/day
Modulation
Modulation type CW
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
チャンバの詳細 26.7 cm x 5.4 cm x 3.2 cm animal container consisting of 2 mm black, opaque Plexiglas placed inside the 10.9 cm x 5.5 cm waveguide; waveguide operating in TE10-mode
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力 2.7 W - 測定値 - -
SAR 45 W/kg average over time - - -

Reference articles

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露中

研究の主なアウトカム(著者による)

Chlordiazepoxide resulted in a reduced percentage of avoidance responding coupled with an increased percentage of escape responding. The data based on administration of chlorpromazine and of d-amphetamine were highly variable both within and among subjects.

研究の種別:

研究助成