研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[マウスの成長および血液学的指標に対する148MHz無線周波の反復ばく露の影響] med./bio.

Effects of reapeted exposure to 148-MHz radio waves on growth and hematology of mice.

掲載誌: Radio Sci 1979; 14: 173-179

この研究は、マウスに、TEMばく露チャンバー内で、0.5 mW/ cm2 (63.25 V/ m)のRF(148 MHz)エネルギーの繰り返しばく露を与え、その影響を調べた。ばく露は、出生後4 - 7日目から開始し、1日1時間、週5日、10週間行なった。マウスは事前に、同数からなる2群に分け、ばく露群と擬似ばく露群とした。ばく露開始から10週間、毎日、全マウスの体重測定し、10 週以降は1週間ごとに測定した。その結果は、マウスの血液中の固形成分にばく露の影響は見られなかった;ばく露群と擬似ばく露群の平均体重は同等であった;このことは、ばく露中、動物は比較的健康な状態を保っていたことを示している、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To investigate possible physiology effects of repeated 143 MHz very high frequency radio frequency exposure on mice.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 148 MHz
ばく露時間: 1 h/day, 5 days/week for 10 weeks, starting with the 4th - 7th day postpartum

ばく露1

主たる特性
周波数 148 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 1 h/day, 5 days/week for 10 weeks, starting with the 4th - 7th day postpartum
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • TEM exposure chamber
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電界強度 63.25 V/m - - - -
電力密度 0.5 mW/cm² - 測定値 - -
SAR 0.013 mW/g - 計算値 partial body -

Reference articles

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

The investigated blood parameters in mouse were not affected by radio frequency exposure. The mean body weight was comparable with those of control animals.

研究の種別:

研究助成