研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[1.2 GHzマイクロ波電磁界中でのサルの視覚運動スキルの成績] med./bio.

Skilled visual-motor performance by monkeys in a 1,2-GHz microwave field.

掲載誌: Radio Sci 1979; 14: 247-252

この研究は、3匹の成獣アカゲザル(Macaco mulatto)に平均電力密度10および20 mW/ cm2(SARは0.8および1.6 W/ kg)の高周波電磁放射(RFR)のばく露を与え、ばく露が代償的視覚追跡タスクの遂行成績に及ぼす影響を評価した。ばく露セッションばく露時間は毎回120分間)は、2日の間隔をおいて、2つの電力レベルでそれぞれ3回、計6回行なった。1.2 GHz連続波のRFRは、頭蓋の水平面に平行な電界ベクトルで、サル頭部を中心に照射された。サルは、RFRの照射前と照射中に、作業期間1.5分、休憩1.5分の繰り返しで、作業時間中は代償的視覚追跡タスクを行なった。このタスクは、ディスプレイ面内を複雑な正弦波軌道で動くカーソルを、ディスプレイの中心の所定の範囲内に保ち続ける作業をさせるもので、この範囲からカーソルが外れると弱い電気刺激が与えられる。継続的な視覚的注意と運動能力スキルが求められた。実験の結果、照射中の作業での追跡誤差の調整二乗平均平方根(ARMS)値は、対照データと比較して減少を示さなかった;10および20 mW/ cm 2のばく露は中程度の大きさの霊長類での、スキルを要するタスク遂行能力に悪い影響を及ぼさなかったと結論される、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To study the possibility that the level of skilled visual-tracking performance by primates would deteriorate under the influence of radiofrequency irradiation. The monkeys were motivated by mild electrical stimulation to maintain a circular cursor within the center 15% of an oscilloscopic display. The cursor was driven off this safe on-target area by a complex sinusoidal track that covered 40% of the display. For each one second accumulated outside this area, the animal received a 0.1 s low-intensity electrical shock (1.0 mA).

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 1.2 GHz
Modulation type: CW
ばく露時間: 3 x 120 min (2-day intervals)
ばく露2: 1.2 GHz
Modulation type: CW
ばく露時間: 3 x 120 min (2-day intervals)

ばく露1

主たる特性
周波数 1.2 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
波形
  • sinusoidal
ばく露時間 3 x 120 min (2-day intervals)
Additional information horizontal
Modulation
Modulation type CW
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
Additional information E-vector parallel horizontal plane of the carnium
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 100 W/m² mean 測定値 - -
SAR 800 µW/g mean 推定値 - -

ばく露2

主たる特性
周波数 1.2 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
波形
  • sinusoidal
ばく露時間 3 x 120 min (2-day intervals)
Additional information horizontal
Modulation
Modulation type CW
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 200 W/m² mean 測定値 - -
SAR 1.6 mW/g mean 推定値 - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露前
  • ばく露中

研究の主なアウトカム(著者による)

The data from exposure sessions showed no decrement relative to control data. It is concluded that the exposures at 10 and 20 mW/cm² did not have deleterious effects upon the skilled performance of a moderately large monkey.

研究の種別:

研究助成