研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[マイクロ波で誘導された血液脳関門の透過性の復元可能性] med./bio.

Reversibility of microwave-induced blood-brain-barrier permeability.

掲載誌: Radio Sci 1979; 14 (6) Suppl: 323-327

この研究は、先行の超微細構造研究で、チャイニーズハムスターにおいて、10 mW /cm2の2450 MHzマイクロ波(CW)ばく露血液脳関門BBB)でのタンパク質透過性を生じさせたという知見を踏まえ、ウィスターラットおよびチャイニーズハムスターを用いた実験で、このマイクロ波誘発の透過性の可逆性を調べた。動物に麻酔をかけ、頭部への2800 MHz CWマイクロ波近傍界ばく露を、10 mW /cm2で2時間行なった。西洋ワサビペルオキシダーゼタンパク質を、脳の全領域の毛細血管輸送を調べるためのトレーサとして注射した。その結果、肉眼での観察、および電子顕微鏡観察によると、有意な、しかし不完全な透過性上昇が、ばく露の1時間後に観察された;BBBの相対的な不透過化が、ばく露後2時間以内に再確立されることが示された、と報告している

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

The pilot investigation was performed to explore the degree of reversibility of the microwave-induced increases in brain-capillary permeability. In addition, effects of microwaves on the blood-ocular barrier were examined.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 2.8 GHz
Modulation type: CW
ばく露時間: continuous for 2 h

ばく露1

主たる特性
周波数 2.8 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
波形
  • sinusoidal
特性
  • guided field
ばく露時間 continuous for 2 h
Modulation
Modulation type CW
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • open waveguide
Distance between exposed object and exposure source 0.8 m
ばく露装置の詳細 The head of the animal was facing the antenna
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 100 W/m² unspecified 測定値 - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

Reversible increase of permeability of blood-brain barrier to horseradish peroxidase (HRP) after microwave irradiation; preliminary results obtained in two hamsters indicate that the blood-ocular barrier was similarly affected.

研究の種別:

研究助成