研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[サブ共振周波数(350 MHz)のマイクロ波照射による身体熱作用:麻酔されたラットにおける心血管系および呼吸器系の応答] med./bio.

Body heating induced by sub-resonant (350 MHz) microwave irradiation: cardiovascular and respiratory responses in anesthetized rats.

掲載誌: Bioelectromagnetics 1997; 18 (4): 335-338

この研究は、ラット生理学的パラメータに対するサブ共振マイクロ波MW:350MHz、E方向、平均電力密度38mW / cm2、平均全身SAR 13.2W / kg)のばく露の影響を調べた。その結果、350MHzのばく露中の末梢体温上昇は、先に研究した700MHz(共振周波数)の実験での上昇よりも大きかった;350MHzのばく露により結腸温度が1℃上昇している間、心拍数および平均動脈血圧は有意に上昇した;呼吸数には有意な変化は見られなかった、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To investigate the effects of microwave exposure (350 MHz, average power density 38 mW/cm², average whole-body specific absorption rate 13.2 W/kg) on selected physiological parameters (heart rate, mean arterial blood pressure, respiratory rate, body temperature).

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 350 MHz
Modulation type: CW
ばく露時間: temperature rise from 38,5 to 39,5 °C
  • SAR: 13.2 mW/g mean (cf. remarks) (+-0,4W/kg)

ばく露1

主たる特性
周波数 350 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
波形
  • sinusoidal
ばく露時間 temperature rise from 38,5 to 39,5 °C
Additional information far field conditions
Modulation
Modulation type CW
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
Distance between exposed object and exposure source 1 m
ばく露装置の詳細 E orientation
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 13.2 mW/g mean 備考を参照のこと。 cf. remarks +-0,4W/kg

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露中

研究の主なアウトカム(著者による)

The increase in peripheral body temperature during 350 MHz exposure was greater than that in earlier experiments performed at 700 MHz. Heart rate and mean arterial blood pressure were significantly elevated during a 1°C increase in colonic temperature due to 350 MHz exposure. Respiratory rate showed no significant change.

研究の種別:

研究助成