研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[ANS遮断薬での処置後のラットの摘出心臓へのマイクロ波照射] med./bio.

Microwave irradiation of the isolated rat heart after treatment with ANS blocking agents.

掲載誌: Radio Sci 1977; 12 (6) Suppl: 161-167

この研究は、摘出されたラット心臓に、SARが約1.5 W / kgのマイクロ波(960 MHz CW)を照射する実験を行なった。その結果、照射により、摘出心臓徐脈誘発された;これは、先行研究で報告した通りであった;それぞれアトロピンおよびプロプラノロールを用いて、副交感神経および交感神経を同時に遮断した場合、マイクロ波照射の影響は観察されなかった;先行研究では、アトロピンマイクロ波照射頻脈を引き起こし、プロプラノロールマイクロ波照射徐脈を引き起こすことが示された;以上の知見は、組織熱の発生以外のメカニズムによるマイクロ波ニューロンまたはマイクロ波シナプスの相互作用の可能性を示している、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To investigate the effects of microwave exposure on the heart rate of isolated and perfused rat hearts in combination with simultaneously use of atropine and propranolol.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 960 MHz
Modulation type: CW
ばく露時間: 10 min
  • SAR: 1.5 W/kg minimum (cf. remarks) (2.5 W/kg max value)

ばく露1

主たる特性
周波数 960 MHz
ばく露時間 10 min
Additional information Reference article: Oslen, R.G. (1975), Chronotropic effects in the isolated rat hearts induced by microwave irradiation, 66 pp, Dissertation, University of Utah, Slat lake city.
Modulation
Modulation type CW
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • Parallel plates
ばく露装置の詳細 heart was mounted between the parallel plates with a Faraday cage.
Additional information Similar arrangement was used for control.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 1.5 W/kg minimum 計算値 cf. remarks 2.5 W/kg max value

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露中

研究の主なアウトカム(著者による)

Microwave exposure induced bradycardia in isolated and perfused rat hearts. The simultaneously use of atropine and propranolol in addition to microwave exposure showed no significant alterations.

研究の種別:

研究助成