研究のタイプ: 治療に関する研究 (experimental study)

[ブタモデルの動脈血管攣縮に対する低強度の高周波熱作用の影響] med./bio.

Effect of low grade radiofrequency heating on arterial vasospasm in the porcine model.

掲載誌: Cathet Cardiovasc Diagn 1997; 42 (3): 348-355

この研究は、19匹のブタを用いて、低レベル高周波電力を利用した熱的バルーン血管形成術により末梢動脈血管収縮反応に生じる効果を評価した。血管攣縮の誘発には機械的刺激を用いた。その結果、熱的血管形成術は、血管攣縮の誘発率を79%から6%に低下させた;これに対し、非熱的インフレーション術(対照)は75%から60%に低下させたので、熱的血管形成術の効果は有意に高かった(P <0.001);組織学的研究によれば、筋細胞壊死の程度は、熱処理された動脈の方が対照のものより有意に大きかった(P <0.01);60℃での熱バルーン血管形成術は、ブタモデルに機械的刺激によって誘発された末梢動脈攣縮を有意に減弱した、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To assess the effect of low grade, radiofrequency-powered, thermal balloon angioplasty on the vasoconstrictor response of peripheral arteries.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 640 kHz
Modulation type: CW
ばく露時間: 90 s

ばく露1

主たる特性
周波数 640 kHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 90 s
Modulation
Modulation type CW
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • 2 platinum electrodes
ばく露装置の詳細 electrodes inside a balloon dilatation catheter
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力 100 W - - - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露中
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

The study has demonstrated that low grade radiofrequency heating to 60°C during thermal balloon angioplasty results in significant attenuation of mechanically induced vasospasm in peripheral porcine arteries. This effect is probably due to thermal necrosis of myocytes and the degree of vasomotor attenuation is likely to be directly related to the extent of myocyte necrosis.

研究の種別:

研究助成