研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[マイクロ波はリスザルに末梢血管拡張を引き起こす] med./bio.

Microwaves induce peripheral vasodilation in squirrel monkeys.

掲載誌: Science 1980; 207 (4437): 1381-1383

この研究は、波長12.3cmの連続マイクロ波全身ばく露中のサルの局所皮膚温度の変化と皮下の静脈血管運動との関係を調べた。通常、尾の血管拡張が起きる環境温度よりわずかに低い環境温度26℃では、電力密度8 mW/ cm2のマイクロ波の5分間ばく露血管拡張が起き始めた。この強度は、サルの安静時代謝率の約20%に相当するエネルギーを蓄積するが、深部体温の変化は観察されなかった。 環境温度が26℃から1℃低下した場合、3〜4 mW/ cm2の強度の増加により同じ応答が起きた。同等の電力密度赤外線ばく露中に血管拡張が起こらなかったことから、マイクロ波が末梢血管運動系における体温調節応答を活性化する過程には、皮下の温度感受性構造以外のものが介在することが示された、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(acc. to editor)

To study the effects of microwave exposure on peripheral vasodilation in Squirrel monkeys.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 2.45 GHz
Modulation type: CW
ばく露時間: 5 min

ばく露1

主たる特性
周波数 2.45 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
特性
  • far field
ばく露時間 5 min
Modulation
Modulation type CW
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
Distance between exposed object and exposure source 1.85 m
チャンバの詳細 chamber 1.83 m x 1.83 m x 2.45 m
ばく露装置の詳細 inner walls of chamber covered with pyramidal microwave absorbers; long axis of the animal aligned with E vector of the field
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 8 mW/cm² - - - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露中
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

Monkeys in a cool environment can be induced to vasodilate by brief exposures to microwaves at intensities that produce no observable change in core temperature. That no vasodilation occurred during infrared exposures of equivalent power density indicates that non-cutaneous thermosensitive structures may mediate microwave activation of thermoregulatory responses in the peripheral vasomotor system.

研究の種別:

研究助成