研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[95 GHz照射時のラットの心臓血管と熱応答] med./bio.

Cardiovascular and thermal responses in rats during 94 GHz irradiation.

掲載誌: Bioelectromagnetics 1999; 20 (4): 264-267

この研究は、ラットに94GHz高周波電磁放射(RFR)の持続ばく露を与え、ラットに生じる温度分布および心臓血管系への影響を調べた。16匹のケタミン麻酔したSprague-Dawleyラットは、個々に、電力密度75mW / cm 2の、E方向の遠方界94GHzへのばく露を死亡するまで受け続けた。ばく露開始時の結腸温度は37℃であった。死亡するまで照射を開始した。ばく露側の皮下温の大幅で急激の上昇とともに、それより緩やかで遅延した結腸温度の上昇が見られた;このような体温応答は、先に研究した35GHz RFRばく露の結果と同様であった;ばく露中、動脈血圧は当初、上昇し、その後、死ぬまで急激に低下した;ばく露の全期間中、心拍数は上昇した;このような、死亡前に起こる心拍数および血圧の変化のパターンは、先の35GHz RFRばく露の結果と類似しているように見えた、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To examine the effects of exposure to 94 GHz radiofrequency electromagnetic radiation on heart rate, mean arterial blood pressure, respiratory rate, localized body temperature changes, and survival times in anesthetized rats.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 94 GHz
Modulation type: CW
ばく露時間: 38.8 ± 1.9 min (unshaved) and 41.1 ± 2.1 min (shaved), starting at a colon temperature of 37°C until death

General information

In one group of rats (n=8) the skin area on the left side was shaved from forelimb to lind limb and from dorsal midline to ventral midline. Another group (n=8) was not shaved.

ばく露1

主たる特性
周波数 94 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
波形
  • sinusoidal
特性
  • far field
ばく露時間 38.8 ± 1.9 min (unshaved) and 41.1 ± 2.1 min (shaved), starting at a colon temperature of 37°C until death
Modulation
Modulation type CW
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • corrugated cylindrical horn (10cm long, OD 3cm ID 2,5cm)
Distance between exposed object and exposure source 0.5 m
チャンバの詳細 Anechoic chamber (27°C ± 0.5°C, 20% ± 5% humidity)
ばく露装置の詳細 Animals were exposed individually in E-orientation.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 12 mW/g mean 計算値 whole body -
電力密度 750 W/m² mean 測定値 - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露中

研究の主なアウトカム(著者による)

Exposure to 94 GHz radiofrequency electromagnetic radiation produces extreme peripheral heating without similar levels of core heating and this pattern of heat deposition is sufficient to produce circulatory failure and subsequent death.

研究の種別:

研究助成