研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[人の注意力に対する携帯電話放射電磁界ばく露の急性影響] med./bio.

The acute effects of exposure to the electromagnetic field emitted by mobile phones on human attention.

掲載誌: Neuroreport 2002; 13 (1): 119-121

この研究は、携帯電話電磁界への急性ばく露が、認知タスクの遂行能力に与える影響をボランティア実験で調べた。38人の健康被験者を、接続中の携帯電話ばく露を受けるグループ(ばく露群)と電源オフの携帯電話ばく露を受けるグループ(対照群)のいずれかに無作為に割り当てた。被験者は、自分がどちらのばく露状態かを知らなかった。900 MHz携帯電話放射する電磁界へのばく露時間は30分間とし、ばく露前、ばく露後5分および30分の3時点で、6つの認知神経心理学的試験(数唱および空間スパン課題(それぞれ順、逆方向)、連続減算課題および言語流暢性課題)を実施した。その結果、2群間の有意差は、5分後にテストされた注意能力に関する2課題(数の順唱および空間スパンの逆唱)および処理速度に関する1課題(連続減算)で明らかであった;この3つ全てで、ばく露群の方が遂行能力は高かった、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To investigate the effects of acute mobile phone exposure on processing speed and capacity within the attentional system.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 900 MHz
Modulation type: pulsed
ばく露時間: continuous for 30 min
  • SAR: 1.19 W/kg ("of exposed body tissue")

ばく露1

主たる特性
周波数 900 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 continuous for 30 min
Modulation
Modulation type pulsed
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • セルラ-電話
ばく露装置の詳細 The subjects held the cellular phone with their left hand to their left ear.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 1.19 W/kg - - cf. remarks "of exposed body tissue"

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

A facilitatory effect on a range of cognitive functions in healthy human volunteers using an electromagnetic field emitted by mobile phone could be demonstrated.

研究の種別:

研究助成

この論文に対するコメント

関連論文