[胎児様がん細胞の成長と分化に対するパルス電磁界の影響] med./bio.

Effects of pulsed electromagnetic field on growth and differentiation of embryonal carcinoma cells.

掲載誌: J Cell Physiol 1985; 124 (2): 247-254

ネズミの胎児様ガン細胞(F9)を、悪性細胞の成長と分化に対するパルス磁界の影響を調べるために使用した。その細胞はレチノイン酸によって、内胚葉細胞分化するように誘発させた。パルス磁界(1ガウスと10ガウス)は、レチノイン酸存在下、また存在していない両方で胎児様ガン細胞の成長を促進した。また分化の程度が、形態学的な基準、またプラスミノゲン活性化物質の産出に基づいているとき、レチノイン酸が誘発した分化抑制することもわかった。

ばく露

関連論文