研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[低出力ミリ波による腫瘍細胞成長の選択的抑制] med./bio.

Selective inhibition of tumoral cells growth by low power millimeter waves.

掲載誌: Anticancer Res 2002; 22 (3): 1681-1688

この研究は、低電力ミリ波MMW照射が、腫瘍細胞および正常細胞の増殖に及ぼす影響を調べた。MMWは、広帯域53.57-78.33 GHzで、電力密度は27×10(-17)W/ Hzである。この照射エネルギーは、細胞サンプルの温度を上昇させないほどに十分に低かった(冷照射)。 その結果、3種の定常状態のヒト腫瘍細胞株に1日おきに1時間の照射を行なった場合、細胞増殖の顕著な阻害が生じた;2種の正常細胞株に同様の照射を行なった場合、増殖が弱く刺激された;照射を受けたMCF-7およびK562細胞を走査型電子顕微鏡法で観察すると、MMW照射が膜に大きな形態学的変化を引き起こしたことが明らかになった;最後に、細胞ミリ波分光法により分析し、メカニズムに関わる示唆として、水がミリ波の主要な吸収体であることが示された、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To study the effects of low power millimetric wave (MMW) radiation on the growth of tumor and healthy cells.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 53.57–78.33 GHz
Modulation type: CW
ばく露時間: 1 h/day every other day for 12 days

ばく露1

主たる特性
周波数 53.57–78.33 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 1 h/day every other day for 12 days
Modulation
Modulation type CW
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • waveguide + conical antenna
Distance between exposed object and exposure source 0.18 m
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 70 nW/cm² - - - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露中
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

One hour of radiation treatment given every day to three tumoral human stable cell lines, produced a noticeable inhibition of the cellular growth. The same treatment given to two healthy cell lines gave a weak growth stimulation. A scanning electron microscopy study of irradiated cells (stable cancer cell lines) revealed that MMW irradiation induced profound morphological changes of the membrane. The results open a very interesting research direction which is linked to the possible use of low power MMW irradiation against tumor cells, without damaging other tissues.

研究の種別:

研究助成

関連論文