研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[マイクロ波で誘導された熱にばく露中のマウスおよびハムスターの呼吸数] med./bio.

Ventilatory frequency of mouse and hamster during microwave-induced heat exposure.

掲載誌: Respir Physiol 1984; 56 (1): 81-90

この研究は、マウスおよびハムスターの呼吸数に対するマイクロ波ばく露の影響を調べた。環境温度10、20、30°Cにおいて、マイクロ波ばく露により、げっ歯類にレベルの異なる熱負荷を与え、呼吸数を測定した。熱負荷は、単位体重あたりのマイクロ波エネルギー吸収の時間平均率(SAR、W / kg)として測定された。その結果、どちらの動物種においても、環境温度(Ta)と呼吸数変化が生じる閾値SARとの間に反比例関係が見られた;ただし、マウスの閾値SARは、Taに応じてハムスターよりも270〜450%高かった;閾値SARを超過した場合、SARの単位上昇あたりの呼吸数の増分は、マウスではTaに比例して増加したが、ハムスターでは増加しなかった;SARに基づけば、マウスは、ハムスターよりもマイクロ波ばく露による熱への耐性が大きかった;この違いは、おそらく、種固有の特性、特に体重の違い、その結果としての受動的熱損失の違いに起因する、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To record ventilatory frequency as a function of microwave thermal load in mice and hamsters exposed to 2450 MHz microwaves at ambient temperatures of 10, 20 and 30°C.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 2.45 GHz
ばく露時間: 60 min
  • SAR: 140 mW/g average over time (whole body) (maximum value)
ばく露2: 2.45 GHz
ばく露時間: 60 min
  • SAR: 40 mW/g average over time (whole body) (maximum value)

ばく露1

主たる特性
周波数 2.45 GHz
特性
  • guided field
ばく露時間 60 min
Modulation
Modulation type unspecified
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • Waveguide with its body immersed into a temperature controlled waveguide.
ばく露装置の詳細 Mice were exposed at Ta values of 10, 20 and 30°C.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 140 mW/g average over time 測定値 whole body maximum value

ばく露2

主たる特性
周波数 2.45 GHz
特性
  • guided field
ばく露時間 60 min
Modulation
Modulation type unspecified
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • E1と同じ装置
ばく露装置の詳細 Hamster were exposed at Ta values of 10, 20 and 30°C.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 40 mW/g average over time 測定値 whole body maximum value

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露中

研究の主なアウトカム(著者による)

In both species there was an inverse relationship between ambient temperature and threshold SAR to invoke an increase in breathing rate (ventilatory frequency). However, the threshold SARs for mice were 270 to 450% higher than for hamsters (depending on ambient temperature). On the basis of rate of absorbed energy normalized to body weight (W/kg), mice can tolerate much more heat from microwave irradiation than hamsters. The differences in sensitivity to microwave irradiation in the mouse and hamster are probably attributable to species-specific characteristics (especially differences in body mass and, consequently, passive heat loss).

研究の種別:

研究助成