[電磁過敏症―COMARの技術情報ステートメント] comment

Electromagnetic hypersensitivity--a COMAR Technical Information Statement. June 27, 2002.

掲載誌: IEEE Eng Med Biol Mag 2002; 21 (5): 173-175

COMARはBioelectromagnetics Society(生体電磁学会)の年次大会直後の2002年6月27日にカナダのケベックで会合を開いた。David Black, Ralf Bodemann, Aviva Brecher, Robert Cleveland, Linda Erdreich, Greg Lapin, James Merritt, Peter Polson, Mays SwicordおよびEric van Rongenがメンパーとして新たに就任または再選出された。Kansas State Universityの電気およびコンピュータ光学準教授Ruth Douglas Miller, Ph.D.が副会長として選任された。“電磁波過敏症”というタイトルのCOMAR技術情報見解(TIS)が承認された。筆頭執筆者はKenneth R.Foster, Ph.D.であった。電磁波過敏症は低レベルの電磁界に曝されていると思いこんだ時に神経皮膚消化器やその他の症状を経験する人達が悩んでいる疾患である。実際に電磁界に曝されているかどうかを知らされていない被験者での試験の結果、症状の存在は被験者電磁界に曝露されていると信じている期間と相関するが、実際の曝露とは相関しないことが示された。

ばく露

関連論文