研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[アイメリア属原虫の卵母細胞でのマイクロ波パルス処置後の超構造的変化] med./bio.

Ultrastructural changes following treatment with a microwave pulse in the oocyst of Eimeria magna Perard, 1925.

掲載誌: Parasitol Res 1991; 77 (7): 585-589

この研究は、アイメリア属原虫の卵母細胞マイクロ波パルス処置後の超構造的変化を調べた。試料を入れたペトリ皿に、2450MHz、600Wの単発パルスパルス持続時間10、15、20秒)を照射した。その結果、照射後、卵母細胞壁の3層で進行的破壊が観察され、一番内側が最初に破壊された;細胞内構造も影響を受け、膨張したミトコンドリアリボソームの消失、粗面小胞体断裂が生じた;細胞壁を形成している構造が確認できなかった、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To investigate the ultrastructural changes in oocysts of the coccidia Eimeria magna after microwave exposure.

詳細情報

E. magna isolated from dwarf rabbit is a protozoan parasite which sometimes causes fatal dysentery.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 2,450 MHz
ばく露時間: continuous for 10, 15, or 20 s

ばく露1

主たる特性
周波数 2,450 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 continuous for 10, 15, or 20 s
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • 詳細不明
ばく露装置の詳細 Oocysts were exposed in 3 ml of medium in small glass Petri dishes.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力 600 W - - - -

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

Depending on the exposure time a partial or complete destruction of the cellular organelles could be demonstrated.

研究の種別:

研究助成

関連論文