研究のタイプ: 疫学研究 (observational study)

[電力従業員コホートでの職業上の死亡率パターン] epidem.

Mortality patterns by occupation in a cohort of electric utility workers.

掲載誌: Am J Ind Med 2001; 40 (6): 667-673

米国の5つの電力会社より男性の従業員138, 905名をコホートとして死亡パターンを調査した。電力会社の運用により19通りに職業区分されたどれかで雇用期間に関連して全死亡数、心臓血管疾患、ガンなどを、ポアソン回帰により、内部コホート分析を行った、その結果 運用に一度も携わったことのない社員と比較して(例:経営者)、運用に関与している作業員での死亡比率(MRR)が全死亡数、心臓血管疾患、そして総ガンで高かった。肺ガンリスクは高まっていたが、他のガンによる死亡率の増加は少なかった。結論として、全死亡数、心臓血管疾患、そしていくつかのガンで電力従業員間に過剰リスクが見られ、職業上と非職業上のリスク因子と関連している可能性がある。

日本語版の論文要約はJEICが作成しており、英語版の論文要約に比べ簡潔な内容としている場合があります。 英語版の論文要約の全訳が必要な場合は、ログイン後、「要約を依頼」から依頼して下さい。

ばく露

関連論文