研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[複屈折測定により検知された神経機能に対するパルスおよびCWのマイクロ波エネルギーの異なる影響] med./bio.

Differing effects of pulsed and CW microwave energy upon nerve function as detected by birefringence measurements.

掲載誌: IEEE Trans Microw Theory Tech 1980; 28 (10): 1126-1133

この研究は、マイクロ波に対する末梢神経の応答の指標として、活動電位伝搬と同時に見られる神経細胞複屈折率の変化を、カニの神経で調べた。複屈折率は、活動電位によるイオン電流に伴う膜の透過性の変化を表す。光学的なパラメータを用いることは、電極計測がもたらす擾乱が無いという利点がある、と述べている。その結果、同じ平均電力マイクロ波パルス波連続波では、連続波よりパルス波の方が、複屈折率の振幅低下が大きく、かつ急劇であった、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(acc. to editor)

To study peripheral nerve response to microwave (pulsed and continuous wave) radiation by birefringence measurement (an optical system).

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1:
  • unspecified
Modulation type: CW
ばく露時間: 23 min/nerve
ばく露2:
  • unspecified
Modulation type: pulsed
ばく露時間: 23 min/nerve

ばく露1

主たる特性
周波数
  • unspecified
タイプ
  • electric field
ばく露時間 23 min/nerve
Modulation
Modulation type CW
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • WR 284 waveguide, closed at one end, attached to antenna at the other end
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力 5 W - 測定値 - -

ばく露2

主たる特性
周波数
  • unspecified
タイプ
  • electric field
波形
  • pulsed
ばく露時間 23 min/nerve
Modulation
Modulation type pulsed
Pulse width 1 µs
Packets per second 1,000
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • E1と同じ装置
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力 5 kW peak 測定値 - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露中

研究の主なアウトカム(著者による)

Pulsed microwave energy affects nerve function more than energy of continuous wave of the same power average. The rate of degradation of birefringence amplitude is greater for pulsed waves than for continuous wave energy. Heating the nerve gives results similar to the exposure to continuous wave energy.

研究の種別:

研究助成

関連論文