研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[383 MHz照射による行動の抑制] med./bio.

Behavioral suppression by 383 MHz radiation.

掲載誌: IEEE Trans Microw Theory Tech 1975; 23 (11): 313-316

この研究は、2頭のアカゲザルの4択強制選択連続反応タスク遂行能力に、タスク開始直前および遂行中に与えた383 MHz連続波の頭部ばく露が影響するか否かを調べた。ばく露には共振空洞が用いられ、0.001 -17 Wの積分線量率連続波が頭部に照射された。その結果、積分線量率と体重から導出されたクリティカルなばく露レベル(23 W/ kg)以下では、影響は観察されなかった;このレベルを上回ると、行動抑制(すなわち、正答率の大きな変化)が引き起こされた;このような影響は、1匹のアカゲザルでは、完全に可逆的で再現可能であった;他の1匹では完全に回復しなかったため、屠殺して組織学的検査を行ったが、肉眼的または顕微鏡損傷は見出されなかった、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To investigate the effects of radiofrequency exposure on a behavioral task in rhesus monkeys.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 383 MHz
ばく露時間: until 60/80 pellets of food were obtained or 2 h/day for 5 days
  • 電力: 1 mW minimum (10 mW, 100 mW, 1 W, 10 W, 15 W and 17 W)

ばく露1

主たる特性
周波数 383 MHz
ばく露時間 until 60/80 pellets of food were obtained or 2 h/day for 5 days
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力 1 mW minimum 指定なし - 10 mW, 100 mW, 1 W, 10 W, 15 W and 17 W

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露中
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

No effects were observed below a dose rate of 10 W. Above this level, behavioral suppression occured. Correct response rate was deeply altered. The effect was reversible and repeatable in one of the monkeys,- the other monkey did not recover completely and was sacrified for histological examination which revealed no gross or microscopic damage. The nature of the effect suggests a neurochemical rather than an electrical or mechanical basis for the findings.

研究の種別:

研究助成