研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[大腸菌に対する2.6-4.0 GHzマイクロ波の影響] med./bio.

Effects of 2.6-4.0 GHz microwave radiation on E-Coli B.

掲載誌: J Microw Power 1977; 12 (2): 141-144

この研究は、生きている大腸菌(B株由来のE. coli B)に対する2.6から4.0 GHzの連続波マイクロ波放射の影響を調べた。影響は、コロニー形成能(CFA)の測定、および細胞懸濁液の赤外分光測定による分子構造の変化で評価した。その結果、1mlの細胞懸濁液吸収される電力が20mW(SARは20 W/ kg)のばく露レベルでの10-12時間のばく露で、分子構造またはCFAのどちらへの影響も観察されなかった、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To investigate the effects of microwave exposure on colony forming ability and molecular structure of Escherichia coli.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 2.6–4 GHz
Modulation type: CW
ばく露時間: 10-12 h
  • SAR: 20 mW/g unspecified (unspecified)
  • 電力密度: 100 W/m² unspecified

ばく露1

主たる特性
周波数 2.6–4 GHz
特性
  • guided field
ばく露時間 10-12 h
Modulation
Modulation type CW
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
ばく露装置の詳細 One millimeter volume of cell suspension was placed into a 3 cm square quartz dish mounted transverse in the center of 3 x 1 inch waveguide.
Additional information Control samples were maintained similar to exposed ones.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 20 mW/g unspecified 指定なし unspecified -
電力密度 100 W/m² unspecified 指定なし - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

Neither on molecular structure nor in colony forming ability any effects were observed.

研究の種別:

研究助成

関連論文