研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[大腸菌におけるプロファージラムダ遺伝子のミリ波によるスイッチング] med./bio.

Switching of prophage lambda genes in Escherichia coli by millimeter waves.

掲載誌: Med Sci Res 1990; 18: 955-957
Journal partially peer-reviewed/unclear

この研究は、ミリ波ばく露を受けた大腸菌プロファージラムダへの影響を調べた。大腸菌のラムダファージは、通常、大腸菌染色体の一部に組込まれているが(プロファージ)、紫外線などの照射を行うと、ファージ染色体から離脱して、細菌内で増殖して、細胞を破壊して外部に出て、他の細菌感染する。この時、培地プラーク形成が観察される。この実験では、このプラーク形成をエンドポイントとして、ミリ波の影響の有無を判定した。ミリ波は、周波数69〜71 GHz、平均電力密度4 W /m²で、導波管内においたペトリ皿で、30分間のばく露を行なった。その結果、ミリ波ばく露によるプラーク形成の誘導が観察され、その周波数依存性は有意であった、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To investigate the mechanisms of prophage lambda gene expression in Escherichia coli by millimeter wave exposure.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 69–71 GHz
ばく露時間: 30 min

ばく露1

主たる特性
周波数 69–71 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 30 min
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
ばく露装置の詳細 Petri dishes in waveguide
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 4 W/m² mean 推定値 - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

A frequency dependend statistically significant induction of plaque forming ability was observed. The use of controlled temperature conditions and capable mutants suggest that the effects of the electromagnetic radiation were of a nonthermal nature. Possible changes of conformation on DNA and/or protein-level are assumed.

研究の種別:

研究助成