研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[マウスの減数分裂に対する9.4 GHzマイクロ波ばく露の影響] med./bio.

Effects of 9.4 GHz microwave exposure on meiosis in mice.

掲載誌: Experientia 1979; 35 (3): 388-390

この研究は、典型的なレーダー発生器からの反復的マイクロ波全身ばく露を受けた成獣オスのBalb / cマウスの生殖細胞の減数分裂への影響を調べた。ばく露には無響チャンバを用い、パルスマイクロ波(搬送周波数9.4 GHz、パルス幅0.5 µs、パルス繰返し周波数1000 Hz)を平均電力密度0.1、0.5、1、10 mW/cm²で、1日1時間のばく露を、5日/週で2週間継続した。その結果、ばく露により、減数分裂の通常の推移に影響が生じた;転座の増加、染色体ペアが一価の細胞の出現などが見られた、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To verify whether repeated microwave exposures from a typical radar source will interfere with meiosis.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 9.4 GHz
Modulation type: pulsed
ばく露時間: repeated daily exposure, 1 h/day, 5 days/week, for 2 weeks

ばく露1

主たる特性
周波数 9.4 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
特性
  • far field
ばく露時間 repeated daily exposure, 1 h/day, 5 days/week, for 2 weeks
Modulation
Modulation type pulsed
Pulse width 0.5 µs
Repetition frequency 1,000 Hz
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 0.1 mW/cm² mean - - -
電力密度 0.5 mW/cm² mean - - -
電力密度 1 mW/cm² mean - - -
電力密度 10 mW/cm² mean - - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

The results indicate that repeated microwave exposure may interfere with the normal course of meiosis and induces disturbances in meiosis, consisting in an increase of translocations and the appearance of cells with several chromosome pair remaining univalents.

研究の種別:

研究助成