研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[マイクロ波放射によるウサギ赤血球からのナトリウムおよびルビジウムの受動流出の増加] med./bio.

The increased passive efflux of sodium and rubidium from rabbit erythrocytes by microwave radiation.

掲載誌: Radiat Res 1980; 82 (2): 244-256

この研究は、インビトロで、2.45 GHz電磁界の1時間ばく露を受けたオスのニュージーランド白ウサギ赤血球からのナトリウム-22およびルビジウム86の受動的流出速度を測定した。試料の温度および吸収電力を制御した。反応速度とそのときの温度の逆数を片対数グラフにプロットしたアレニウスプロットを作成した。その結果、無ばく露赤血球で測定されたアレニウスプロットは、ナトリウムおよびルビジウムのどちらの流出も、8〜13、22.5、および36 ℃で遷移する4つの線形領域を持っていた;マイクロ波ばく露を受けた赤血球での流出速度は、それらの臨界温度を除けば、無ばく露での速度と同等であったが、臨界温度では、ばく露により2つの陽イオン流出が増加した;この応答を22.5 ℃の遷移において、3つの特定の吸収率(100、190、および390 mW / g)で計測したところ、3つのレベルすべてで、陽イオン流出は、厳密な熱応答から予測される流出よりも統計的に多かった;応答は、吸収電力の関数とした単調増加ではなかった;同様の陽イオン流出の増加は、36 ℃および8-13 ℃の遷移付近でも観察された、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To investigate the effects of 2450 MHz microwave exposure on the passive efflux of sodium and rubidium ions from rabbit erythrocytes under controlled temperature conditions.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 2.45 GHz
ばく露時間: continuous for 1 h
  • SAR: 100 W/kg minimum (unspecified) (190 and 390 W/kg)

ばく露1

主たる特性
周波数 2.45 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
特性
  • guided field
ばく露時間 continuous for 1 h
Additional information Reference article: J.R.Rabinowitz, R.B.Olcerst, and W.W.Mumford. The description of a system to irradiate cells in culture with microwaves. In Biological Effects and Measurements of Radiofrequency/Microwave, pp. 216-226. HEW 77-8026, Bureau of Radiological Health, Washington DC, 1977.
Modulation
Modulation type unspecified
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
チャンバの詳細 A sample holder section which was used as a waveguide consisted of two concentric right cylindrical compartments, the inner compartment contains 1.5 ml sample and is surrounded by a jacketed section through which dodecane is circulated as heat exchange material.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 100 W/kg minimum 測定値および計算値 unspecified 190 and 390 W/kg

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

The cation efflux rate with microwave exposure was mainly identical to the control rates, except at three specific temperatures, where the exposure increased the efflux. One of these temperatures was examined in more detail with different specific absorbtion rates (SAR). Here, the efflux rates found for both cations were statistically greater than one would predict from a strictly thermal response.

研究の種別:

研究助成