研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[コリン作用薬の中枢効果に対するメチルアトロピン拮抗作用のマイクロ波による促進] med./bio.

Microwave facilitation of methylatropine antagonism of central cholinomimetic drug effects.

掲載誌: Radiat Res 1986; 105: 328-340

この研究は、マウスの血液脳関門BBB)透過性および血液脳脊髄液関門(BCSFB)に対するマイクロ波照射の影響の有無を調べた。透過性の評価には、中枢性コリン作動薬作用の阻止薬であるメチルアトロピンが、通常はBBBおよびB-CSFBを通過できないことを利用した。実験の結果、中枢性コリン作動薬の作用(ピロカルピンによる低体温症およびオキソトレモリンによる振戦)の量反応曲線は、メチルアトロピン(1.0 mg / kg)の前処理または中程度のレベルのマイクロ波照射(2.45 GHz、23.7 W / kg、CW、10分間ばく露)のいずれによっても、明確な影響を受けなかった;しかし、メチルアトロピン前処理とマイクロ波照射の両方を受けたマウスにおいては、ピロカルピンおよびオキソトレモリンのどちらの量反応曲線も、有意に右にシフトし、メチルアトロピンによる中枢性抗コリン作用を示した、と報告した。この知見について、著者は、マイクロ波放射メチルアトロピンのBBBおよびB-CSFB透過を亢進させる可能性を示すと解釈している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(acc. to editor)

Employment of a pharmacologic assay designed specifically to assess small alterations in site-specific areas of the CNS. The assay employs centrally acting cholinergic agonists (pilocarpine and oxotremorine). Blockade of this central activity is produced by the muscarinic antagonist methylatropine (a compound that is thought not to cross the blood-brain barrier and that has normally no measurable CNS activity at the doses employed in this study). It should be investigated if a change in methylatropine availability to central muscarinic receptors occurs following microwave exposure.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 2.45 GHz
Modulation type: CW
ばく露時間: continuous for 10 min
  • 電力密度: 100 W/m² effective value (corresponding SAR: 23.7 W/kg calculated according to Dewar-Flask calorimeter technique)

ばく露1

主たる特性
周波数 2.45 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
特性
  • guided field
ばく露時間 continuous for 10 min
Modulation
Modulation type CW
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • waveguide, TE10 mode
チャンバの詳細 R-band waveguide/ 5.4 cm high x 10.9 cm wide x 27 cm long
ばく露装置の詳細 Animals kept unrestrained in a styrofoam cage/ 5 cm high x 9 cm wide x 11 cm long located in the waveguide
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 100 W/m² effective value 測定値 - corresponding SAR: 23.7 W/kg calculated according to Dewar-Flask calorimeter technique

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

A highly sensitive pharmacological assay system has been devised that demonstrates an increase in the central activity of an agent normally excluded by the blood-brain barrier (BBB). The sensitivity and the specificity are supportive of an alteration in BBB function induced by microwave irradiation.

研究の種別:

研究助成