ホーム

神経変性疾患(パーキンソン病、アルツハイマー病、ALS)

(2016年4月時点の英文ウェブページの和訳です)

超低周波磁界への職業ばく露神経変性疾患アルツハイマー病パーキンソン病筋萎縮性側索硬化症(ALS)、多発性硬化症(MS))の発生率の関連は、約25年間、疫学研究で調査されてきました。電>力会社の従業員を主体とした労働者での神経変性疾患有病率および死亡率に関していくつかの研究があります。また、電力周波磁界への職業ばく露がALS発症のリスク上昇に関連することをいくつかの研>究が示しました。アルツハイマー病に関する研究の知見は一貫していません。超低周波磁界アルツハイマー病の関連についての弱い証拠があるだけです。職業ばく露パーキンソン病の間には何も関連が
認められていません。ドイツ連邦放射線防護局は、このような疫学研究結果の確証を得ること、および考えられる作用メカニズムの解明を
目的として、実験モデルにおいて神経変性疾患の発症および進行への超低周波電界および磁界の影響を調べる研究プロジェクト(cf. Liebl et al. 2015)を支援>しました。

磁界ばく露神経変性疾患に関する全ての研究の概観および詳細情報は、こちらでご覧になれます。