ホーム

MRI

MRI (磁気共鳴画像法)は、身体の内部構造、とりわけ軟組織を可視化するための技術です。これにより、身体の病変部を検出できます。MR I内部には、地磁気の数千倍の強度の磁界を発生する磁石があります。
最新の臨床用高磁界MRIスキャナ
写真:KasugaHuang、ライセンス:CC BY-SA 3.0, Wikimedia Commonsより
MRI検査中、患者は強い静磁界ばく露を受けます。このとき、原子核の磁気的性質により磁界中の原子は一定の方向を向き、身体組織中の原子核(例えば水素原子)は全く同一に整列します。無線周波電磁界パルスにより、この原子核の向きは乱れます。パルスが除去されて原子核が元の向きに戻るときに、原子核は電磁信号を放出します。この信号を変換して画像が生成されます。
膝のMRI画像
写真:Test21、ライセンス:CC BY-SA 3.0, Wikimedia Commonsより
日常の臨床における通常の患者の検査用には、開放型MRIは0.2 - 1 T、閉鎖型MRIは1.5 - 3 Tで運転されています。研究施設においてのみ、7 Tから最大9.4 Tまでの磁界が用いられます。

MRIの典型的な測定値は、ばく露発生源データベースで見ることができます。