ホーム

軌道式乗客輸送システム

軌道式乗客輸送システム(トラム、地下鉄、都市鉄道)は大部分直流で運転されており、周波数16.7 Hzの交流で運転されている電車鉄道システム(16.7 Hz牽引電力系統)とは対照的です。軌道式乗客輸送システムの電力供給は通常、直流電圧750 Vで行われています。トローリ・ワイヤと軌道の間に電界がかかっています。

軌道式乗客輸送システムの電力供給は、50 Hz三相交流電源システムを供給源とする整流器を経てなされます。整流所は交通機関のルートの近くに500 - 2000 m毎に設置されています。整流所で、供給電圧20 - 30 kVが必要な直流電圧へ降圧、整流されます。トラムの場合、電力供給はトローリ・ワイヤまたは軌道を使って行われます。電流強度は4 kAになることもあります。
トラムの電力供給の図式
トローリ・ワイヤ電圧は低いため、交通機関のルート近くの電界強度は50 V/mを上回りません。 トラムまたは地下鉄の車内では、電界強度はほぼ完全に遮蔽されています。しかし、磁束密度は150 µT - 350 µTのレベルに達することがあります。プラットホームから約1 m離れた位置では50 µT - 110 µTのレベルです。軌道式乗客輸送システム(例えばトラム)の典型的な測定値は、ばく露発生源データベースで見ることができます。