[異なる発芽段階の小麦種子に対するELF-EMFの影響とそのメカニズム] med./bio.

Effects Of ELF-EMF Treatment On Wheat Seeds At Different Stages Of Germination And Possible Mechanisms Of Their Origin.

掲載誌: Electro Magnetobiol 2001; 20 (2): 231-253

生物に対する弱ELF-EMFの影響は、EMF印加時にイオン細胞膜間距離を通過するときに生じる非定常的な過程を考慮することで説明ができる。不均質媒体中のイオンの周期的な動きは、イオン強度細胞膜周辺のpH、水相への周辺タンパクの放出などに影響する非線形的な効果をもたらす。ここでは、小麦の種子にEMF処置(30, 50Hz, 30mT)を施した結果を示す。エストラサーゼが活発な段階で処理すると、その反応生成物の漏洩が増え、、ついで抑制となり、無処理の種子の線形的な結果と異なってくる。また、EMF処理は、種子胚表面のpHの増加をもたらす。根が形成される段階で50%発芽処理されたとき、根が形成された種子数が増加した。無処理と比べ、処理後に新芽長が長くなった。吸収2日間、長期間処理された種子は新芽長が短くなった。これら観察結果を、提案されたメカニズムでもって議論している。

日本語版の論文要約はJEICが作成しており、英語版の論文要約に比べ簡潔な内容としている場合があります。 英語版の論文要約の全訳が必要な場合は、ログイン後、「要約を依頼」から依頼して下さい。

ばく露

関連論文