研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[低周波磁界によるコムギ種子発芽の刺激と抑制に関するメカニズムについて] med./bio.

On the mechanisms of stimulation and inhibition of wheat seed germination by low-frequency magnetic field.

掲載誌: Biophysics 2007; 52 (2): 233-236

この研究は、通常の水または浸透圧が高いショ糖溶液(10-16 atm)への浸水処理を行ったコムギ種子に超低周波磁界(50 Hz、30 mT)のばく露を与え、種子の発芽能力への磁界の影響を評価した。磁界は、10分間の短時間ばく露、または6日間連続の長時間ばく露を行った。それぞれのばく露実験において、発芽能力は6日間観察した。その結果、短時間ばく露の場合、コムギ種子の発芽刺激は、ショ糖溶液中で膨潤しつつある種子表面の膜の伸展の程度に依存することが示された;このことは、膜からの末梢タンパク質の放出に対して低周波磁界が影響することの確認にもなったと著者は考えた;対照的に、長時間ばく露の場合、発芽率は低下し、実生の成長が遅れることが示された、と報告している。

研究目的(acc. to editor)

水または高浸透圧(10-16atm)のショ糖溶液に浸したコムギ種子の発芽能力に対する超低周波磁界ばく露の影響を調べること。

詳細情報

発芽能力を6日間で評価した。

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 50 Hz
ばく露時間: continuous for 10 min.
ばく露2: 50 Hz
ばく露時間: continuous for 6 days

ばく露1

主たる特性
周波数 50 Hz
タイプ
  • magnetic field
ばく露時間 continuous for 10 min.
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • 詳細不明
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 30 mT - - - -

ばく露2

主たる特性
周波数 50 Hz
タイプ
  • magnetic field
ばく露時間 continuous for 6 days
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • 詳細不明
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 30 mT - - - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

データは、50Hz電磁界への短時間ばく露(10分間)によるコムギ種子の発芽刺激は、ショ糖溶液中での種子のふくらみに対する膜の伸びの程度に依存することを示した。高浸透圧は種子の発芽を漸進的に抑制した。電磁界ばく露は全ての実験条件下で種子の発芽能力を改善した。著者らは、この知見は膜からの末梢タンパク質の放出に対する低周波電磁界の影響を確認するものである、と示唆している。対照的に、長期ばく露(6日間)は発芽率を低下させ、種子の成長を遅らせる。

研究の種別:

研究助成

関連論文