研究のタイプ: 疫学研究 (observational study)

[子供がんのリスクに関して妊娠前、妊娠中および妊娠後の磁界へ母親の職業ばく露:1953-1981年死亡のオックスフォード小児がん調査] epidem.

Maternal occupational exposure to electromagnetic fields before, during, and after pregnancy in relation to risks of childhood cancers: findings from the Oxford Survey of Childhood Cancers, 1953-1981 deaths.

掲載誌: Am J Ind Med 1999; 35 (4): 348-357

母親の電磁界ばく露小児がん、特に白血病リスクとの関連性を調べる。そのために、母親の職業データを小児がんオクスフォード登録の一部から入手し、妊娠前、時、後の職業を1953ー1981年間でがんで死亡した15, 041名の小児で求め、同数のマッチングを取った対照を用意した。作業の時期を以下の5つの1つとして分類した:1)縫製工、2)縫製工以外の電磁界ばく露されていると見られる繊維産業員、3)

日本語版の論文要約はJEICが作成しており、英語版の論文要約に比べ簡潔な内容としている場合があります。 英語版の論文要約の全訳が必要な場合は、ログイン後、「要約を依頼」から依頼して下さい。

ばく露

関連論文