研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[ナルトレキソンはラット脳細胞におけるRFR誘発DNA二本鎖切断をブロックする] med./bio.

Naltrexone blocks RFR-induced DNA double strand breaks in rat brain cells.

掲載誌: Wireless Networks 1997; 3 (6): 471-476

この研究は、著者らの先行研究の2つの知見(神経系に対する無線周波電磁放射(RFR)ばく露のさまざまな影響が、脳内の内因性オピオイドによって媒介されること、およびラットの脳細胞へのRFR急性ばく露がDNA鎖切断誘発すること)を前提として、内因性オピオイドがRFR誘導DNA鎖切断にも関与するか否かを調べた。ラットは、RFRばく露の前および後に、オピオイド拮抗薬ナルトレキソン(1 mg / kg、腹腔内投与)処置を受けた。RFRばく露は、パルス化2450 MHz電磁界パルス幅2 μs、パルス繰り返し率500 pps)を電力密度2 mW / cm2で2時間継続され、全身平均SARは1.2 W / kgであった。ミクロゲル電気泳動アッセイにより、ばく露後4時間において、脳細胞のDNA二本鎖切断アッセイを行なった。その結果、RFRばく露は、ラットの脳細胞のDNA二本鎖切断を有意に増加させた;ナルトレキソン処理によりその影響が部分的にブロックされた;これらの知見は、内因性オピオイドラットの脳細胞でのRFR誘導DNA鎖切断を仲介する役割を果たすことを示す、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To study whether endogenous opioids are involved in radiofrequency irradiation-induced DNA double-strand breaks.

詳細情報

Rats were treated with the opioid antagonist naltrexone immediately before and after exposure.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 2.45 GHz
Modulation type: pulsed
ばく露時間: continuous for 2 h

General information

There were four treatment groups: RFR/naltrexone, sham/naltrexone, RFR/vehicle and sham vehicle.

ばく露1

主たる特性
周波数 2.45 GHz
特性
  • guided field
ばく露時間 continuous for 2 h
Modulation
Modulation type pulsed
Pulse width 2 µs
Packets per second 500
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • cylindrical waveguide tubes constructed of galvanized wire screen, TE11 mode
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 20 W/m² mean - - -
SAR 1.2 mW/g mean 指定なし whole body -

Reference articles

  • Chou CK et al. (1985): [7つのばく露状況下で2, 450 MHzのマイクロ波にさらされるラットの比吸収率]
  • Guy AW et al. (1979): [小動物のマイクロ波慢性ばく露に用いる円偏光2450 MHz導波管装置]

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

Data showed that the radiofrequency exposure significantly increased DNA double-strand breaks in brain cells of the rat. The effect was partially blocked by treatment with naltrexone. Thus, the results indicate that endogenous opioids play mediating role in radiofrequency exposure-induced DNA double-strand breaks in rat brain cells.

研究の種別:

研究助成

関連論文