研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[マイクロ波放射ばく露を受けたラット脳細胞におけるDNA一本鎖切断] med./bio.

Single strand DNA breaks in rat brain cells exposed to microwave radiation.

掲載誌: Mutation Research - Fundamental and Molecular Mechanism of Mutagenesis 2006; 596 (1-2): 76-80

この研究は、ラットの脳の発達に対する低強度マイクロ波(2.45 GHzの場合、SARは1.0 W / kg;6.5 GHzの場合、同2.01 W / kg)の影響を調べた。Wistarラット(35日齢、雄)を、2つのばく露群とそれぞれの擬似ばく露群(各群n = 6)に割り当てた。これらの動物は、2つの異なるばく露システムを用いて、上述の周波数とSARでの2時間ばく露を1日1回、35日間受けた。ばく露終了後、脳組織全体の切片標本を調製した。切片において、一本鎖DNA切断の指標として、マイクロゲル電気泳動(コメットアッセイ)法によりコメットの尾の長さを測定した。動物あたり2枚の切片スライドを無作為抽出し、各切片スライドから50個の細胞を観察した。統計学的分析には一元配置分散分析法を用いた。その結果、実験に用いたマイクロ波への慢性的なばく露が、ラットの脳細胞におけるDNA一本鎖切断統計学的に有意な増加を引き起こすことが示された、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To investigate the effect of microwave exposure (2.45 and 16.5 GHz) on developing rat brain (35 days old).

詳細情報

Six rats per exposure and sham exposure condition were used (n=24).

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 2.45 GHz
ばく露時間: continuous for 2 hr/day on 35 days
ばく露2: 16.5 GHz
ばく露時間: continuous for 2 hr/day on 35 days

ばく露1

主たる特性
周波数 2.45 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 continuous for 2 hr/day on 35 days
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
チャンバの詳細 wooden anechoic chamber lined on the inside with pyramidal shaped RF absorbing material
ばく露装置の詳細 13 cm x 9.8 cm pyramidal horn antenna with the aperture in a distance of 2 d²/λ from the cages; six animal cages made of plexi glass placed inside the chamber in two piles so that 3 cages were put one above the other; six rats were exposed simultaneously
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 1 W/kg - - - -
電力密度 0.344 mW/cm² - 測定値 - -

ばく露2

主たる特性
周波数 16.5 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 continuous for 2 hr/day on 35 days
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • E1と同じ装置
ばく露装置の詳細 32 cm x 10 cm x 9 cm plexi glass cage for 2 animals which were exposed simultaneously; six rats were exposed
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 2.01 W/kg - - - -
電力密度 1 mW/cm² - 測定値 - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

The data showed that the chronic exposure to 2.45 and 16.5 GHz under these experimental conditions caused a statistically significant increase in DNA single-strand breaks (increase in the length of DNA migration) in brain cells of rats.

研究の種別:

研究助成

関連論文