研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[網膜桿状体膜でのアデニル酸キナーゼを低周波電磁界は減少させる] med./bio.

Electromagnetic field of extremely low frequency decreased adenylate kinase activity in retinal rod outer segment membranes.

掲載誌: Bioelectrochemistry 2004; 63 (1-2): 317-320

この研究は、ウシ網膜の桿体外節膜のアデニル酸キナーゼ活性に対する75 Hz方形波パルス磁界パルス幅13.3 ms、振幅250 µT、デューティサイクル10 %)ばく露の影響を調べた。ばく露時間は、2分、5分、10分とした。その結果、パルス磁界ばく露により、酵素活性は約55 %減少した;このような効果に、ばく露時間は関係しなかった;ウシ網膜の桿体外節膜には、2つの形態のアデニル酸キナーゼ活性があり、1つは膜に結合し、もう1つはサイトゾルに可溶である。今回のパルス磁界ばく露では、前者の55%の減少が見られた;界面活性剤トリトンを用いて膜分画を人工的に可溶化した場合、酵素活性はわずかに影響を受けた;また、細胞質アイソフォームにも、無視できる程度の影響が観察された;これらの知見は、ELF磁界ばく露酵素不活性化の相互作用に対する細胞膜の重要性を示唆している、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To investigate the effects of an extremely low frequency electromagnetic field on adenylate kinase activity of bovine retina in vitro.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 75 Hz
Modulation type: pulsed
ばく露時間: 2 min
ばく露2: 75 Hz
Modulation type: pulsed
ばく露時間: 5 min
ばく露3: 75 Hz
Modulation type: pulsed
ばく露時間: 10 min

ばく露1

主たる特性
周波数 75 Hz
タイプ
  • magnetic field
波形
  • pulsed
ばく露時間 2 min
Modulation
Modulation type pulsed
Pulse width 13.3 ms
Duty cycle 10 %
Pulse type rectangular
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
ばく露装置の詳細 pair of Helmholtz coils, kept 12 cm apart; samples placed between the coils
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 250 µT unspecified 測定値 - -

ばく露2

主たる特性
周波数 75 Hz
タイプ
  • magnetic field
波形
  • pulsed
ばく露時間 5 min
Modulation
Modulation type pulsed
Pulse width 13.3 ms
Duty cycle 10 %
Pulse type rectangular
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • E1と同じ装置
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 250 µT unspecified 測定値 - -

ばく露3

主たる特性
周波数 75 Hz
タイプ
  • magnetic field
波形
  • pulsed
ばく露時間 10 min
Modulation
Modulation type pulsed
Pulse width 13.3 ms
Duty cycle 10 %
Pulse type rectangular
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • E1と同じ装置
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 250 µT unspecified 測定値 - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

The rod outer segment of bovine retina contains two forms of adenylate kinase activity, one bound to membranes and the other one soluble in the cytosol. Extremely low frequency electromagnetic field exposure leads to a 55% decrease of the former one. If membrane fractions were artifically solubilised by the use of the detergent triton, the enzyme activity was just slightly affected. Also negligible effects were observed for the cytosolic isoform.
These findings suggest the importance of the cell membrane for the interaction of an extremely low frequency electromagnetic field exposure with enzyme inactivation.

研究の種別:

研究助成

関連論文