研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[限局性深部マイクロ波ハイパサーミア後の血糖値レベルの全身的変化] med./bio.

Systemic alteration in blood glucose levels following localized deep microwave hyperthermia.

掲載誌: J Microw Power 1984; 19 (1): 73-76

この研究は、健康なウサギの直腸に単回の局所的マイクロ波温熱療法を実施し、血中グルコースレベルの変化を観察した。2.45 GHz、100 Wのマイクロ波発生器から同軸ケーブルで給電される同軸プローブ(長さ45 mm)を挿入して、1時間、直腸を加温した。出力は、加温開始から6分間は10 Wに保たれ、直腸温が43 °Cに達した後は6 Wに保たれた。そのため、加温処理中の直腸温は42.9 °Cと43.2 °Cの間に維持された。結果として、血中グルコースレベルの主たるピークは、加温処理終了から8時間後に観察され、2番目の小さなピークが14-17時間後に測定された;これらの知見は、局所的マイクロ波温熱療法が、施術される生物の全身に影響を与えることを示している、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(acc. to editor)

To study changes in blood glucose levels after localized deep microwave hyperthermia in rabbits.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 2.45 GHz
ばく露時間: 1 h
-

ばく露1

主たる特性
周波数 2.45 GHz
ばく露時間 1 h
Additional information Reference article: Yerushhalmi, A., Shpirer, Z., Hod, I., Gottesfeld, F., Bass, D.D. 1983. Normal tissue response to localized deep microwave hyperthermia in the rabbit`s prostate: a preclinical study. Int. J. Radiat. Oncol. Biol. Phys. 9, 77-82.
Modulation
Modulation type unspecified
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • 詳細不明
Additional information Heat was applied by means of a 45 mm active length coaxial probe fed through a coaxial cable from a 100 W microwave generator. The rectal temperature was maintained between 42.9°C and 43.2°C. For more details on set-up and exposure parameters please see the reference article.
パラメータ

No parameters are specified for this exposure.

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
  • rectum
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

A major peak of blood glucose concentration was found 8 hours after heat treatment, and a second minor peak was measured 14-17 hours after heat treatment. These data indicate that localized microwave hyperthermia affects the host systemically.

研究の種別:

研究助成

関連論文