研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[動作中の携帯電話から発生する電磁界放射(EMFR)へのばく露による空腹時血糖への影響] med./bio.

Effects of exposure to electromagnetic field radiation (EMFR) generated by activated mobile phones on fasting blood glucose.

掲載誌: Int J Occup Med Environ Health 2013; 26 (2): 235-241

この研究は、ラットを用いた実験で、携帯電話からの電磁放射へのばく露ラットの空腹時血糖に及ぼす影響を調べた。40匹のオスのアルビノラット(Wistar系統)を5群に分けた(各n = 8)。対照群と4つのばく露群で、それぞれの1日のばく露時間を、15分/日未満、15-30分/日、31-45分/日、46-60分/日とした。どのばく露群も、ばく露期間は3か月間であった。ばく露には1800 MHzの携帯電話を用い、通話モード携帯電話をマウスのケージの中央に置いた。ばく露期間終了後、12時間、餌を与えずにおき、その後に血液を採取して、空腹時血糖値を分光光度計で、血清インスリン酵素免疫測定法(ELISA)で測定し、ベータ細胞機能指数(HOMA-B)およびインスリン抵抗指数(HOMA-IR)を求めた。その結果、全てのばく露群で、対照群に比べ、空腹時血糖および血清インスリンが有意に高かった;インスリン抵抗性指数HOMA-IRは、15-30分/日ばく露群および46-60分/日ばく露群において、対照群に比べ、有意に高かった、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To evaluate the effects of an exposure to radiofrequency electromagnetic fields emitted by a mobile phone on the fasting blood glucose in rats.

詳細情報

5 groups of rats were examined (n=8 per group): 1.) Control group, 2.) less than 15 minutes exposure per day, 3.) 15-30 minutes exposure per day, 4.) 31-45 minutes exposure per day and 5.) 46-60 minutes exposure per day.
At the end of the experiment the animals were kept without food for 12 hours and afterwards blood samples were taken.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 1,800 MHz
ばく露時間: less than 15 min/day for 3 month
-
ばく露2: 1,800 MHz
ばく露時間: 15-30 min/day for 3 month
-
ばく露3: 1,800 MHz
ばく露時間: 31-45 min/day for 3 month
-
ばく露4: 1,800 MHz
ばく露時間: 46-60 min/day for 3 month
-

ばく露1

主たる特性
周波数 1,800 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 less than 15 min/day for 3 month
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • セルラ-電話
ばく露装置の詳細 mobile phone in the call mode was placed in the center of the mouse cage; cage was made of plastic (length 18 inches, width 12 inches); animals were in close proximity to the phone
パラメータ

No parameters are specified for this exposure.

ばく露2

主たる特性
周波数 1,800 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 15-30 min/day for 3 month
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • E1と同じ装置
パラメータ

No parameters are specified for this exposure.

ばく露3

主たる特性
周波数 1,800 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 31-45 min/day for 3 month
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • E1と同じ装置
パラメータ

No parameters are specified for this exposure.

ばく露4

主たる特性
周波数 1,800 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 46-60 min/day for 3 month
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • E1と同じ装置
パラメータ

No parameters are specified for this exposure.

Reference articles

  • Narayanan SN et al. (2009): [携帯電話ばく露を受けたウィスターラットの空間記憶タスク遂行成績]
  • Gul A et al. (2009): [ラットの卵胞に対する携帯電話からのマイクロ波の影響]
  • Mailankot M et al. (2009): [GSM(0.9/1.8GHz)携帯電話からの無線周波電磁放射(RF-EMR)はラットに酸化ストレス誘導および精子運動性低下を起こす]
  • Sokolovic D et al. (2008): [メラトニンは携帯電話のマイクロ波放射への慢性ばく露によりラット脳に誘発された酸化ストレスを減少させる。]

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

In the groups exposed longer than 15 minutes, the blood glucose was significantly increased when compared to the control group, while in the groups exposed longer than 30 minutes the insulin level was significantly increased.
The beta cell function was significantly increased in the group exposed less than 15 minutes compared to the control group, while the insulin resistance was significantly increased in the groups exposed for 15-30 minutes and 46-60 minutes.
The authors conclude that there could be an association between mobile phone exposure and increased fasting blood glucose in rats.

研究の種別:

研究助成

関連論文