研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[50Hz磁界にばく露したマウスにおける動静脈バイパス再狭窄の進行] med./bio.

Progression of arteriovenous bypass restenosis in mice exposed to a 50 Hz magnetic field.

掲載誌: Cell Stress Chaperones 2003; 8 (4): 373-380

研究目的(著者による)

マウスにおける再狭窄の発生及び進行に対する、700µT、50Hzの磁界への最大第3週間のばく露の影響を調査すること。

詳細情報

ヒトの疾患の多くの特性を模倣するため、本研究では外科的静脈バイパスを用いた。マウスを6日間術後回復させた。合計70匹のマウスを磁界ばく露/偽ばく露に用いた。マウスを700µT/50Hzの磁界に1週間(10匹)、2週間(10匹)、または3週間(15匹)ばく露した。同数の動物を偽ばく露した。

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 50 Hz
ばく露時間: repeated daily exposure, 2 h/day, 5 days a week for 1, 2 or 3 weeks

ばく露1

主たる特性
周波数 50 Hz
タイプ
  • magnetic field
波形
  • unspecified
ばく露時間 repeated daily exposure, 2 h/day, 5 days a week for 1, 2 or 3 weeks
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
ばく露装置の詳細 animals were placed in a plastic cage completely covered by coils.
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 700 µT unspecified 測定値 - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

1週間ばく露したマウスでは、偽ばく露群と比較して、有意により小さい内膜新生が認められた(これは静脈バイパスの表皮の厚さが減少したことを意味する)が、。この影響はより長い期間にばく露した動物には認められなかった。単核細胞浸潤及び熱ショックタンパク質60の発現磁界ばく露による変化は認められなかった。

研究の種別:

研究助成