研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[超低周波、低振幅磁場によって誘起されるリポソームconnexin32ヘミチャネルの再構成における透過性の変化] med./bio.

Permeability changes of connexin32 hemi channels reconstituted in liposomes induced by extremely low frequency, low amplitude magnetic fields.

掲載誌: Biochim Biophys Acta Biomembr 2005; 1668 (1): 33-40

この研究は、プロテオリポソームの再構成されたコネキシン32ヘミチャネルを用いて、ギャップ結合透過性に対する超低周波で低振幅磁界の影響を調べた。チトクロームCをプロテオリポソーム内に封入し、バルク水相へのアスコルビン酸添加によるチトクロームCの減少をヘミチャネル透過性の指標に用いた。ヘミチャネルの透過速度(ΔA / min)は、プロテオリポソームのインキュベーション温度に依存した。異なる周波数(7、13、18 Hz)と振幅(それぞれ50、50、70 μT)、および異なる温度(16、18、24 ℃)で、磁界ばく露の影響を調べた。その結果、16±0.4°Cでの18 Hzおよび70 μTの磁界への60分間ばく露においてのみ、ヘミチャネル透過速度が有意に上昇した;この上昇は、これより高い温度に保たれたリポソーム磁界ばく露では見られなかった;温度は脂質二重層の配置に影響を与え、それによって磁界によって起きるかもしれない影響がマスクされているように見えた、と報告している

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To study the effect of extremely low frequency and low amplitude magnetic fields on gap junctional (hemi channel) permeability by using purified connexin 32 from rat liver reconstituted into lipid bilayers (liposomes). The effect of exposures to magnetic fields at different frequencies and amplitudes, and at different temperatures (16, 18 and 24°C) was studied.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 7 Hz
ばく露時間: 60 min
ばく露2: 13 Hz
ばく露時間: 60 min
ばく露3: 18 Hz
ばく露時間: 60 min

ばく露1

主たる特性
周波数 7 Hz
タイプ
  • magnetic field
ばく露時間 60 min
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • triaxial exposure system, each magnetic field component was generated by two parallel coils
ばく露装置の詳細 8 cm x 8 cm x 8 cm isofield region in the center of the coils system
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 50 µT peak - - AC
磁束密度 70 µT peak - - AC
磁束密度 50 µT - - - DC

ばく露2

主たる特性
周波数 13 Hz
タイプ
  • magnetic field
ばく露時間 60 min
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • E1と同じ装置
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 50 µT peak - - AC
磁束密度 70 µT peak - - AC
磁束密度 50 µT - - - DC

ばく露3

主たる特性
周波数 18 Hz
タイプ
  • magnetic field
ばく露時間 60 min
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • E1と同じ装置
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 70 µT peak - - AC
磁束密度 50 µT peak - - AC
磁束密度 50 µT - - - DC

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

Only the exposure of proteoliposomes to 18-Hz (70 µT) magnetic field for 60 min at 16+/-0.4°C resulted in a significant enhancement of the gap junction permeability. This enhancement was not observed for magnetic field exposures of liposomes kept at the higher temperatures tested. Temperature appears to influence lipid bilayer arrangement in such a way as being capable to mask possible effects induced by the magnetic field. Although the revealed effect was very low, it seems to confirm the applicability of the author's model previously proposed for the interaction of low frequency electromagnetic fields with lipid membrane (see publication 3933).

研究の種別:

研究助成

関連論文