研究のタイプ: レビュー (医学/生物学の研究)

[神経細胞遺伝子の転写調整とそれが神経機能に及ぼす影響:培養したラットの海馬ニューロンの静磁界に反応した遺伝子発現] review

Transcriptional Regulation of Neuronal Genes and Its Effect on Neural Functions: Gene Expression in Response to Static Magnetism in Cultured Rat Hippocampal Neurons.

掲載誌: J Pharmacol Sci 2005; 98 (3): 219-224

この研究は、培養ラット海馬ニューロンにおける静磁界の短時間ばく露の影響を調べた。海馬ニューロンは、100 mTの静磁界への持続ばく露下で培養され、その後、ディファレンシャルディスプレイ(DD)分析(遺伝子発現の量の差異をPCR法により解析する方法)のために、ランダムプライマーを用いて全RNAを抽出した。その結果、静磁界ばく露に反応して、様々な遺伝子発現の変化が見られた;これらの反応を示した遺伝子は、遺伝子転写および翻訳増殖分化、成熟、生存などに必要な遺伝子であり、これらの遺伝子発現を介して、静磁界細胞の完全性と機能性を調節することが示唆された、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

The article deals with possible expression of particular transcription factors responsive to static magnetic fields as a guidepost for possible functional alterations induced by magnetism in the brain. Furthermore, an aspect on the search for genes expressed in response to sustained magnetism in cultured rat hippocampal neurons using a differential display technique is also discussed.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1:
  • DC/static
ばく露時間: continuous for 15 min

ばく露1

主たる特性
周波数
  • DC/static
タイプ
  • magnetic field
ばく露時間 continuous for 15 min
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • 詳細不明
Additional information Control neurons were not exposed to magnetic field.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 100 mT - 指定なし - -

研究の主なアウトカム(著者による)

It appears that static magnetic field may modulate cellular integrity and functionality through expression of a variety of responsive genes required for gene transcription and translation, proliferation, differentiation, maturation, survival, and so on in cultured rat hippocampal neurons.

研究の種別:

ばく露

研究助成