研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[チタン表面でのフィブロネクチンの吸収、細胞接着および増殖に対する磁界の影響] med./bio.

Effect of magnetic field on the fibronectin adsorption, cell attachment and proliferation on titanium surface.

掲載誌: Clin Oral Implants Res 2005; 16 (5): 557-562

この研究は、静磁界SMF)が細胞に与える影響を、2つの実験で調べた。1つは、特定の組換えフィブロネクチン(FN)ペプチド(hFNIII9-10)のチタンディスク表面への吸着への影響、もう1つは、そのチタンディスクへのヒト骨肉腫TE-85細胞の付着への影響である。SMFばく露にはNd-Fe-B磁石を用い、培養皿とディスクの距離を調節することにより、磁束密度1、2、3、5、7、10 mTでのばく露が可能になった。FN吸着実験では、37℃、各レベルの磁界下で、機械加工されたチタンディスクを1μMのhFNIII9-10液中で一晩インキュベートした。吸着したhFNIII9-10を光学密度(OD)で測定した。次に、同じく磁界下で、TE-85細胞をhFNIII9-10でコーティングされたチタンディスク上で2時間インキュベートし、付着した細胞をOD値で測定した。その後、2時間で付着しなかったTE-85細胞を洗浄したチタンディスクを48時間インキュベートし、増殖したTE-85細胞の量もOD値で測定した。TE-85細胞の付着を、走査型電子顕微鏡で観察した。その結果、hFNIII9-10の吸着量には、対照群(0 mT)と6レベルの磁界ばく露群(1、2、3、5、7、10 mT)の間で有意差がなかった;TE-85細胞の付着は、対照群に比べ、4つの磁界ばく露群(1、2、5、10 mT)で有意に高かった;3、7 mTのばく露群での細胞付着には、対照群との有意差がなかった;TE-85細胞糸状仮足を介して付着することが観察された;増殖アッセイでは、1 mTで刺激されたTE-85細胞は、2、3、および7 mTの細胞よりも有意に高い増殖を示した、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To study the effect of magnetic field on the adsorption of specific recombinant fibronectin peptide (hFNIII9-10) on the titanium surface and hFNIII9-10 mediated cell attachment and cell proliferation.

詳細情報

Fibronectin is a major extracellular matrix component used by many cell types as a substrate for attachment.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1:
  • DC/static
ばく露時間: continuously through the night
ばく露2:
  • DC/static
ばく露時間: continuously for 2 h

ばく露1

主たる特性
周波数
  • DC/static
タイプ
  • magnetic field
ばく露時間 continuously through the night
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • Nd-Fe-B magnets
ばく露装置の詳細 Titanium disks (25 mm in diameter, 1 mm in thickness) were placed in acrylic boxes at various distances from the magnet (located at the bottom located) to obtain different magnetic fields. Control disks were placed in an identical acrylic box without the magnet.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 1 mT - 測定値 - 2 mT, 3 mT, 5 mT, 7 mT and 10 mT

ばく露2

主たる特性
周波数
  • DC/static
タイプ
  • magnetic field
ばく露時間 continuously for 2 h
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • E1と同じ装置
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 1 mT - 測定値 - 2 mT, 3 mT, 5 mT, 7 mT and 10 mT

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

The amount of adsorbed hFNIII9-10 showed no significant difference between control (0 mT) and six experimental groups (1, 2, 3, 5, 7, 10 mT). However, TE-85 cells attached significantly higher in groups of 1, 2, 5, 10 mT than in control group. Cell attachment in groups of 3 and 7 mT showed no significant difference compared to control group. TE-85 cells were observed to attach through filopodia. 1 mT stimulated cells showed significantly higher cell proliferation than those in 2, 3, and 7 mT.
Magnetic fields under 10 mT did not influence fibronectin adsorption on the titanium surface. However, a significant effect was revealed on cell attachment and cell proliferation.

研究の種別:

研究助成