研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study, observational study)

[家畜の唾液メラトニン濃度に対する短波無線放送信号へのばく露慢性影響の欠如] med./bio.

Absence of chronic effect of exposure to short-wave radio broadcast signal on salivary melatonin concentrations in dairy cattle.

掲載誌: J Pineal Res 1997; 22 (4): 171-176

この研究は、乳牛の唾液メラトニン濃度に対する無線送信機からの短波(3-30MHz)領域電磁界の影響を調べた。パイロット研究として、EMFばく露唾液メラトニン濃度を低下させるか否か、およびEMF発生源の除去後に濃度レベルが高くなるか否か、を検証するため、2つの農場の乳牛群を比較した;1つの農場は、送信機から500mの距離にあり(ばく露群)、他方は、送信機から4,000mの距離にある(無ばく露群)。それぞれの農場において、メス乳牛5頭で、唾液メラトニン濃度を10日間連続してモニタした(夜の暗期に、2時間間隔で唾液を採取)。介入として、10日間のうちの3日間、短波送信機をオフにした。唾液サンプルは、放射免疫測定法で分析された。その結果、夜間の平均電磁界強度は、ばく露群(1.59mA / m)の方が対照群(0.076mA / m)より21倍高かった;実験開始期2日間の夜間唾液メラトニン濃度平均値には、ばく露群と対照群で有意差はなかった;したがって、慢性的なメラトニン低下効果はない可能性が高いと思われた;しかし、送信機が3日間オフになった後のばく露再開の最初の夜間の唾液メラトニン濃度の差は有意であ理、ばく露群の方が対照群より2−7倍高くなった;さらなる研究が必要であるが、メラトニン濃度に対するEMFの遅発性急性影響は完全に排除することはできなかった、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To study the influence of electromagnetic fields in the short-wave range (3-30 MHz) radio transmitter signals on salivary melatonin concentration in dairy cattle.

詳細情報

Two dairy herds at two farms were compared, one located at a distance of 500 m (exposed), the other at a distance of 4,000 m (unexposed) from the transmitter.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 3–30 MHz
ばく露時間: continuous for 2 days, then 3 days transmitter off, continuous for another 5 days

ばく露1

主たる特性
周波数 3–30 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 continuous for 2 days, then 3 days transmitter off, continuous for another 5 days
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • radio transmitter
Distance between exposed object and exposure source 500 m
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁界強度 1.59 mA/m - - - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露前
  • ばく露中
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

The mean values of the two initial nights did not show a statistically significant difference between exposed and unexposed animals. A chronic melatonin reduction effect seemed unlikely.
However, on the first night of re-exposure after the transmitter had been off for three days, the difference in salivary melatonin concentration between the two herds was statistically significant, indicating a two- to seven-fold increase of melatonin concentration.
Thus, a delayed acute effect of electromagnetic field on melatonin concentration cannot completely be excluded. However, findings should be interpreted with caution and further trials are required.

研究の種別:

研究助成

関連論文