研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (observational study)

[スイスの子牛における核白内障の有病率およびそれの携帯電話アンテナ基地局との関連の可能性] med./bio.

Prevalence of nuclear cataract in Swiss veal calves and its possible association with mobile telephone antenna base stations.

掲載誌: Schweiz Arch Tierheilkd 2009; 151 (10): 471-478

この研究は、子牛(n = 253:83 - 370 日齢)における核白内障有病率に対する携帯電話基地局(MPBS)の影響の可能性を調べたコホート研究である。母牛とその子牛は、受胎から胎児期、屠殺まで期間、その地理的位置が追跡調査(約1年間)され、周辺のMPBSのアンテナの数および距離との関係が分析された。MPBSの影響は、子牛の眼での核白内障の発症、および眼房水での抗酸化剤(スーパーオキシドジスムターゼカタラーゼグルタチオンペルオキシダーゼ[GPx])の活性から見た酸化ストレス状態で評価した。その結果、253頭の子牛のうち79頭(32 %)がさまざまな程度の核白内障を発症していた;そのうちの9頭(3.6 %)が重度の核白内障であった;核白内障を発症した子牛群において、その妊娠初期の子牛の位置とアンテナ強度との間に、ある種の関係が見られた;すなわちその位置から100 - 199メートル以内のアンテナの数が、酸化ストレスに関連した;また、最も近いMPBSまでの距離も酸化ストレスに関連した;白内障発症した眼では酸化ストレスが増加した;しかし、アンテナが実際にストレスに影響を与えたことは証明できていない;適合性検定のHosmer-Lemeshow統計量を検討すると、MPBS以外にも核白内障を説明する変数が多い可能性が示された、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To evaluate the prevalence of nuclear cataract in veal calves and to elucidate a possible impact by mobile phone base stations.

詳細情報

A follow-up of the geographical location of each dam and its calf from conception through the fetal period up to slaughter was performed. The first trimester of gestation (organogenesis) was particularly emphasized. 253 calves (83-370 days old) were included.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1:
  • unspecified
ばく露時間: continuous for 1 year
GSM and UMTS base stations

ばく露1

主たる特性
周波数
  • unspecified
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 continuous for 1 year
Additional information GSM and UMTS base stations
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • mobile phone base stations
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電界強度 1 V/m minimum 計算値 - at 40 locations
電界強度 0.99 V/m maximum 計算値 - 0.5-0.99 V/m at 121 locations
電界強度 0.48 V/m maximum 計算値 - 0.1-0.48 V/m at 190 locations
電界強度 0.1 V/m maximum 計算値 - at 11 locations

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
  • eye
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

Of 253 calves, 32% (n=79) had various degrees of nuclear cataract, but only 3.6% calves (n=9) had severe nuclear cataract. The data showed a relation between the location of the veal calves with nuclear cataracts in the first trimester of gestation and the strength of antennas. There was an association between oxidative stress and the distance to the nearest mobile phone base station. Oxidative stress was increased in eyes with cataract. It has not been shown that the antennas actually affected stress.
A specific statistics showed an accuracy of 100% in negative cases with low exposure, and only 11.11% accuracy in positive cases with high exposure. This reflects, that there are a lot of other possibilities for nuclear cataract beside mobile phone base stations. Further studies on the influence of electromagnetic fields during embryogenesis are indicated.

研究の種別:

研究助成

関連論文